Sonido

Mini disc


<Header>
<Title> Mini disc </Title>
<File> jdl03 </File>
<Participants>
<Speaker>
<ShortName> KAY </ShortName>
<Sex Type="woman" />
<Age Type="C" />
<Education Type="3" />
<Ocupation> teacher </Ocupation>
<Role> participant </Role>
<Origin> Fukuoka </Origin>
</Speaker>
<Speaker>
<ShortName> CHI </ShortName>
<Sex Type="woman" />
<Age Type="C" />
<Education Type="3" />
<Ocupation> teacher </Ocupation>
<Role> participant </Role>
<Origin> Tokyo </Origin>
</Speaker>
</Participants>
<Date> 17/06/2003 </Date>
<Place> Madrid </Place>
<Situation> chat at free time at the university </Situation>
<Topic> Learning languages </Topic>
<Source> C-ORAL-ROM-JAPON </Source>
<Class Type1="informal" Type2="private" Type3="dialogue" />
<Length> 13' 56" </Length>
<Characters> 5.696 </Characters>
<Acoustic_quality Type="A" />
<Transcriber> K. Matsui </Transcriber>
<Revisor> C. Kimura y K. Matsui </Revisor>
<Comments>  </Comments>
</Header>

1 0-2.022 KAY: あのう // この機械は日本で ?

2 2.022-2.983 KAY: 買われたんですか ?

3 2.983-3.794 CHI: え // 日本で ///

4 3.794-6.073 CHI: # hhh {%act: laugh} ///

5 6.073-8.627 KAY: あのう / お値段はどれくらい ...

6 8.627-9.822 CHI: え / これはねえ +

7 9.822-20.127 KAY: ええと / いくらぐらいしましたか ?

8 9.822-20.127 CHI: xxx # 結構 # 三四 / 五万ぐらいしたかと思います ///

9 20.127-23.357 CHI: 四 <万ぐらいだった xxx> ///

10 20.127-23.357 KAY: [<] <結構 {%alt: けっ / こう}> 高いです <ねえ ->> ///

11 20.127-23.357 CHI: [<] <やっぱりちょっとまだ> ねえ ...

12 23.357-23.81 KAY: うん ///

13 23.81-24.315 CHI: うん ///

14 24.315-34.933 KAY: やっぱりあのう // 前ももう少し大きな形の # がありましたけど <->> //

15 24.315-34.933 CHI: [<] <ええ> ///

16 24.315-34.933 KAY: あの / ソニーの / そういう感度が高いやつっていうのが / <大体 = ええ> ///

17 24.315-34.933 CHI: [<] <録音するもの xxx> ///

18 34.933-35.992 KAY: 高かったですよね !

19 35.992-37.399 CHI: そうです <ねえ> ///

20 35.992-37.399 KAY: [<] <うん> -> ///

21 37.399-39.742 KAY: で / マイクを付けるともっと高くなるわけでしょ ?

22 39.742-45.662 KAY: 付属品 {%alt: ふぞく -> 品} /

23 39.742-45.662 CHI: &ふ [/]

24 39.742-45.662 KAY: って言うこと <でね> ///

25 39.742-45.662 CHI: [<] <付属品 {%alt: ふぞく -> 品}> はそれぞれに値段 <が付いていて> /

26 39.742-45.662 KAY: [<] ///

27 39.742-45.662 CHI: それをまあ / 買っていくということで //

28 39.742-45.662 KAY: は <あ ->> ///

29 45.662-58.686 CHI: [<] <&こん [/]> 今回は // &mm まあ / 試しに / ということで -> //

30 45.662-58.686 KAY: <hhh {%act: understand}> ///

31 45.662-58.686 CHI: [<] <基本的 ->> / な物しか // ええ / 買いませんでしたけれ <ども> //

32 45.662-58.686 KAY: [<] <hhh {%act: understand}> ///

33 45.662-58.686 CHI: でもこれでも // モードが二つあっ <て> //

34 45.662-58.686 KAY: [<] <うん> ///

35 45.662-58.686 CHI: その / 遠い所の会議とか /

36 45.662-58.686 KAY: <はい> ///

37 45.662-58.686 CHI: [<] <講> 演を録音する / モードと //

38 45.662-58.686 KAY: ああ !

39 45.662-58.686 CHI: それからこの / 近くで //

40 45.662-58.686 KAY: はい ///

41 45.662-58.686 CHI: あのう //

42 45.662-58.686 KAY: <しゃべる> ///

43 45.662-58.686 CHI: [<] <話す {%alt: 話っす}> / 時の -> ものを録音するモードと二つあるんです <ね> ///

44 45.662-58.686 KAY: [<] <hhh {%act: understand}> ///

45 58.686-73.894 CHI: それから {%alt: から} // あのう // ま # あの / 聞き取ることはほとんど // あのう //

46 58.686-73.894 KAY: できる ///

47 58.686-73.894 CHI: でき /

48 58.686-73.894 KAY: hhh {%act: understand} ///

49 58.686-73.894 CHI: るし問題がないと //

50 58.686-73.894 KAY: はい ///

51 58.686-73.894 CHI: 思います ///

52 73.894-76.276 CHI: であとあのう // 再生専用っていうのがあるんですよね ///

53 76.276-88.355 KAY: え<え> ///

54 76.276-88.355 CHI: [<]<若>い人たちがよく / 音楽 -> //

55 76.276-88.355 KAY: はいはいはい ///

56 76.276-88.355 CHI: MDに入れて <こう聞くっていうような> +

57 76.276-88.355 KAY: [<] <え /// あのう / ウォークマン> みたいな /

58 76.276-88.355 CHI: ウォークマン <みたいな> //

59 76.276-88.355 KAY: [<] <形> /// うん ///

60 76.276-88.355 CHI: それだともっと / 安いと <思うんですけども> /

61 76.276-88.355 KAY: ええ -> ///

62 76.276-88.355 CHI: あのこの場合録音 -> も // しなきゃいけない <んで> //

63 76.276-88.355 KAY: [<] <hhh {%act: understand}> ///

64 76.276-88.355 CHI: ということでちょっと高くなっ <たんだ>

65 76.276-88.355 KAY: [<] <うん> ///

66 76.276-88.355 CHI: と思います /// +

67 88.355-96.41 KAY: [<] <私はあのう> -> 今 / 中国語勉強して <て ->> //

68 88.355-96.41 CHI: [<] <ええ> ///

69 88.355-96.41 KAY: で -> あの // テキストに / カセットが付いてきてるんです <ね> ///

70 88.355-96.41 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

71 96.41-104.236 KAY: でそれを / コピーしていただいて -> // で今 / 家で時々こう / 聞くんですけど //

72 96.41-104.236 CHI: hhh {%act: understand} ///

73 96.41-104.236 KAY: 自分の / 再生用のないんですよ hhh {%act: laugh} ///

74 104.236-104.564 CHI: hhh {%act: understand} ///

75 104.564-110.929 KAY: 機械持ってなかったんで -> //

76 104.564-110.929 CHI: ええ ///

77 104.564-110.929 KAY: でちと娘に / 借りて -> //

78 104.564-110.929 CHI: ええ ///

79 104.564-110.929 KAY: あのう / 娘のウォークマンで / やってます ///

80 110.929-112.094 CHI: あ // 聞いて ?

81 112.094-112.425 KAY: はい ///

82 112.425-112.999 CHI: ええ {%act: understand repeatedly} ///

83 112.999-116.012 KAY: あれあのう -> // 自分でこう / 持って歩ける [///] 小さい <でしょ> ?

84 112.999-116.012 CHI: [<] <そうです> ///

85 116.012-125.628 CHI: その方が // いい <ですね> !

86 116.012-125.628 KAY: [<] <で ->> // あのイヤホンも / 小さいか <ら ->> //

87 116.012-125.628 CHI: [<] <hhh {%act: assent}> ///

88 116.012-125.628 KAY: あのう / 料理なんかする時 / それ聞きながら {%act: laugh} //

89 116.012-125.628 CHI: ああ ! <すごい> ///

90 116.012-125.628 KAY: hhh {%act: laugh} //

91 116.012-125.628 CHI: ええ ///

92 116.012-125.628 KAY: "我是 {%com: Chinese}" とかやって <ます> ///

93 116.012-125.628 CHI: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

94 125.628-126.616 KAY: hhh {%act: laugh} ///

95 126.616-129.073 CHI: 時間をね / 有効に利用し<て> ...

96 126.616-129.073 KAY: [<]<そう>なんです ///

97 129.073-133.3 CHI: <hhh {%act: understand} ///

98 129.073-133.3 KAY: [<] <て言う> のは // まあ / ラジオなんか聞きながら / あのう / アイロンかけたりとか ?

99 133.3-137.235 CHI: ええ !

100 133.3-137.235 KAY: あのう音楽聴いたりとかっていう [///] よく -> やり <ますよね> ?

101 133.3-137.235 CHI: [<] <はい {%alt: は -> い} / hhh {%act: assent}> ///

102 137.235-148.32 KAY: でも -> / 結局 -> / 家庭の主婦っていうのは台所にいる時間が <すごく長くって> //

103 137.235-148.32 CHI: [<] <もう = はい /// うん> ///

104 137.235-148.32 KAY: で -> / お料理するのもやっぱりまあ -> // 最低 -> / 四十分とか -> +

105 148.32-149.983 CHI: かかります ///

106 148.32-149.983 KAY: [<] <かかり> ますよ <ねえ> !

107 148.32-149.983 CHI: [<] <ええ> ///

108 149.983-155.327 KAY: で -> / 後片付けする時なんかでも / 多少はやっぱりかかるし //

109 149.983-155.327 CHI: うん ///

110 149.983-155.327 KAY: その間馬鹿らしいですよね ?

111 155.327-160.159 CHI: そう / <何もしない>

112 155.327-160.159 KAY: [<] <時間が> ///

113 155.327-160.159 CHI: の<は> ///

114 155.327-160.159 KAY: [<]<何>もしない //

115 155.327-160.159 CHI: <そう> ///

116 155.327-160.159 KAY: [<] <頭> が全然 <働いてない hhh {%act: laugh}> ///

117 155.327-160.159 CHI: [<] <聴覚を->> + hhh {%act: assent} ///

118 160.159-161.792 KAY: それでねえ //

119 160.159-161.792 CHI: hhh {%act: understand} ///

120 160.159-161.792 KAY: ああそうだ ///

121 161.792-174.652 KAY: 娘のウォークマンを借りて // やれば少しは // こう -> [///] 毎回聞けば / 頭ん中入るかなあと <思って> //

122 161.792-174.652 CHI: [<] <時間の> 有効利用です <よね> !

123 161.792-174.652 KAY: [<] <で ->> // 今 <->> /

124 161.792-174.652 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

125 161.792-174.652 KAY: ま // ちょっとこのところ忙しくてやってなかったんですけ <ど> //

126 161.792-174.652 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

127 174.652-179.152 KAY: 思いついた時に <やっ>

128 174.652-179.152 CHI: [<] <うん> !

129 174.652-179.152 KAY: て -> //

130 174.652-179.152 CHI: そうですね //

131 174.652-179.152 KAY: <で ->> //

132 174.652-179.152 CHI: [<] <いい> ことですね ///

133 174.652-179.152 KAY: かなり -> / 有効です ///

134 179.152-179.503 CHI: hhh {%act: understand} ///

135 179.503-194.637 KAY: それで {%alt: んで} -> // もちろんあのうまだ / &しょ [/] 初歩なので /

136 179.503-194.637 CHI: <hhh {%act: laugh}> ///

137 179.503-194.637 KAY: [<] <hhh {%act: laugh}> // そんなにたくさんの言葉は知らないんですけどね //

138 179.503-194.637 CHI: hhh {%act: understand} ///

139 179.503-194.637 KAY: でも -> // あのう / テープでしょっちゅう聞いてるから -> //

140 179.503-194.637 CHI: はい ///

141 179.503-194.637 KAY: 例えばあのう / テレビの / 中国語の /

142 179.503-194.637 CHI: <うん> ///

143 179.503-194.637 KAY: [<]<ニュ>ースなんか //

144 179.503-194.637 CHI: うん ///

145 179.503-194.637 KAY: あのう / 衛星放送で入って <くる>

146 179.503-194.637 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

147 179.503-194.637 KAY: でしょう ?

148 194.637-196.874 KAY: で / 聞いてると / 時々わかる言葉が ...

149 196.874-197.666 KAY: <hhh {%act: laughing}> ///

150 196.874-197.666 CHI: [<] <ええ> ///

151 196.874-197.666 KAY: ええ ///

152 197.666-200.046 CHI: やっぱ / 聞き慣れてるっていう <ことは> //

153 197.666-200.046 KAY: [<] <そうですね> ///

154 197.666-200.046 CHI: 大事ですね ///

155 200.046-202.737 KAY: すごい <ねえ> +

156 200.046-202.737 CHI: [<] <同じ> ものを何度も //

157 200.046-202.737 KAY: <そうなんですよ> ///

158 200.046-202.737 CHI: [<] ///

159 202.737-203.198 CHI: hhh {%act: assent} ///

160 203.198-209.294 KAY: であのう -> / 特に中国語の場合抑揚が // すごいですよ<ね> ?

161 203.198-209.294 CHI: [<]<必>要 -> //

162 203.198-209.294 KAY: ええ ///

163 203.198-209.294 CHI: ですよ<ね> ///

164 203.198-209.294 KAY: [<]<うん> ///

165 209.294-218.496 KAY: だから / トーンアクセントの場合は // その -> &mm // 一つの言葉の // 環境によって // なんか / ちょっと違う / ように聞こえたりするん <です>

166 209.294-218.496 CHI: [<] <はい> ///

167 209.294-218.496 KAY: よね ?

168 218.496-219.005 CHI: ははあ ///

169 219.005-225.336 KAY: あのう / 主語の後に {%alt: あたに} &出てく [/] <出てくる>

170 219.005-225.336 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

171 219.005-225.336 KAY: か -> //

172 219.005-225.336 CHI: hhh {%act: understand} ///

173 219.005-225.336 KAY: あるいはその // 単発に / 一つの言葉として出てくるか ?

174 225.336-238.985 CHI: ええ ///

175 225.336-238.985 KAY: なんかで随分 // あの / 感じが違うの <でね> [///]

176 225.336-238.985 CHI: <はい> ///

177 225.336-238.985 KAY: 印象が //

178 225.336-238.985 CHI: うん ///

179 225.336-238.985 KAY: だから // やっぱり / 何度も何度も聞いてると -> // あのう -> / 違う環境にその言葉が出てきたときに / ぱっと // わかる / <と言うか> =

180 225.336-238.985 CHI: [<] ///

181 238.985-239.523 KAY: うん {%alt: う -> ん} ///

182 239.523-241.44 CHI: 応用力が / つくっ <ていうこと>

183 239.523-241.44 KAY: [<] <はい> ///

184 239.523-241.44 CHI: でしょうかね ?

185 241.44-249.886 CHI: ///

186 241.44-249.886 KAY: [<] <だからそれは> // 学生にもねえ / ほんとに // そういうことを利用して -> [///] 時間利用して&や [/] やる <ように> +

187 241.44-249.886 CHI: [<] <しょっちゅう> 聞いて欲しいんです <けどもねえ> ///

188 241.44-249.886 KAY: [<] <hhh {%act: assent}> ///

189 249.886-251.53 KAY: 思うんですけどねえ -> ...

190 251.53-255.826 CHI: その / テープの録音の段階から hhh {%act: laugh} // 問題が <あるので / ちょっとねえ> ...

191 251.53-255.826 KAY: [<] <問題がありますから> ねえ !

192 255.826-260.316 CHI: xxx ほんとに -> // 何とかクリアしないと //

193 255.826-260.316 KAY: そうです <ね> ///

194 255.826-260.316 CHI: [<] ですよ <ねえ> ///

195 255.826-260.316 KAY: [<] <うん> ///

196 260.316-267.817 KAY: 新しい教材が // もし我々が書いてできて -> //

197 260.316-267.817 CHI: うん ///

198 260.316-267.817 KAY: それを -> やっぱり / テープに起こすんだったら / それ絶対必要です <もんね> ?

199 260.316-267.817 CHI: [<] ///

200 267.817-273.651 CHI: テープは // 学生の立場に立ってみれば // あのう / ぜひ必要な //

201 267.817-273.651 KAY: ええ ///

202 267.817-273.651 CHI: 物の一つですよね ///

203 273.651-275.366 KAY: だっ <て> //

204 273.651-275.366 CHI: [<] <うん> ///

205 273.651-275.366 KAY: あれですもんね ?

206 275.366-298.121 KAY: あのう // 教室出ちゃったら日本語聞く機会が <全然ない>

207 275.366-298.121 CHI: <そう -> ですね> ///

208 275.366-298.121 KAY: から +

209 275.366-298.121 CHI: ここ / 日本じゃありませんので //

210 275.366-298.121 KAY: <ねえ ->> ///

211 275.366-298.121 CHI: [<] <そういう意味> でも //

212 275.366-298.121 KAY: うん ///

213 275.366-298.121 CHI: あの学習意欲の -> / ある学生はやっぱりいつも [/] でも聞きたい / と思っている /

214 275.366-298.121 KAY: hhh {%act: assent} ///

215 275.366-298.121 CHI: と思いますし -> //

216 275.366-298.121 KAY: hhh {%act: assent} ///

217 275.366-298.121 CHI: あのう / 今先生が中国語でやってらっしゃるように <いつでも> /

218 275.366-298.121 KAY: [<] <うん> ///

219 275.366-298.121 CHI: 時間のある時 <に> /

220 275.366-298.121 KAY: [<] <はい>///

221 275.366-298.121 CHI: 聞けるような // あのう / 状態にしてやるっていうことは必要です <よね> ///

222 275.366-298.121 KAY: [<] <そう> です <ねえ> ///

223 275.366-298.121 CHI: [<] <hhh {%act: assent}> ///

224 298.121-304.084 KAY: であのうその // 台所でやるのは / 一番の問題 <はね> //

225 298.121-304.084 CHI: [<] <うん> ///

226 298.121-304.084 KAY: テキストがなくて / ただ <聞いてるんですよね> ///

227 298.121-304.084 CHI: [<] <うん / うん> ///

228 304.084-304.385 CHI: はい ///

229 304.385-312.354 KAY: だから / うろ覚えの / 課になると // どんどんどんどん / こう音ばっかり入ってくるんですけど /

230 304.385-312.354 CHI: うん ///

231 304.385-312.354 KAY: "あ ! これは / 何ていう言葉だったかな" と ...

232 312.354-320.98 KAY: 意味が / よくわかんないのに音ばっかり入って <きて {%act: laugh}> //

233 312.354-320.98 CHI: [<] <ええ> ///

234 312.354-320.98 KAY: で後で気になるからもう一回 <ちょっと>

235 312.354-320.98 CHI: [<] <すごい> ///

236 312.354-320.98 KAY: 本を見てみると //

237 312.354-320.98 CHI: うん ///

238 312.354-320.98 KAY: いうような繰り返しなんですけど <ね> ///

239 312.354-320.98 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

240 320.98-328.824 KAY: でも // まあ今んところ / ええっと -> / ううん / 十 # 三課ぐらいまで行ったのかな ?

241 320.98-328.824 CHI: そうですか ///

242 328.824-329.269 KAY: うん ///

243 329.269-335.994 KAY: <で ->> //

244 329.269-335.994 CHI: [<] ///

245 329.269-335.994 KAY: あのう / 入ってきた -> / 単語についてはだいたいわかるんじゃないかなと / <思うんですよねえ> ///

246 329.269-335.994 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

247 335.994-344.546 KAY: もう // ただ中国語の場合はあの // ううん / 似たような // 発音の言葉 <が> +

248 335.994-344.546 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> /// たくさん ///

249 335.994-344.546 KAY: 多いですねえ -> / うん ///

250 344.546-346.753 CHI: それを聞き分けなければ <いけないということですね> ///

251 344.546-346.753 KAY: [<] <そう {%alt: そ -> う} そうそうそうそう> ///

252 346.753-358.22 KAY: で // あのう日本語と同じ / 同音異義語もあるし -> // だから / ただその言葉だけを言われても / どっち <なのか> +

253 346.753-358.22 CHI: [<] <全く> 発音がおん <なじで> //

254 346.753-358.22 KAY: [<] <おんなじのが> あるんです ///

255 346.753-358.22 CHI: 漢字が違う // <んですか>

256 346.753-358.22 KAY: [<] +

257 346.753-358.22 CHI: その場合 ///

258 358.22-365.439 KAY: あのう = そうそう / 漢字 <違います> ///

259 358.22-365.439 CHI: [<] <漢字が> 違って /

260 358.22-365.439 KAY: うん / <意味も違って> ///

261 358.22-365.439 CHI: [<] <だけどおんなじ> //

262 358.22-365.439 KAY: おんなじ発音 ///

263 358.22-365.439 CHI: 発音っていうのがあ <る> [///]

264 358.22-365.439 KAY: [<] ///

265 358.22-365.439 CHI: &とん [/] トーンも同じ <っていうのが / あるわけなんですね> ///

266 358.22-365.439 KAY: [<] <おんなじなん xxx ///

267 365.439-377.188 KAY: 例えばあの> // ええ /

268 365.439-377.188 CHI: <ああ / そうか ->> ///

269 365.439-377.188 KAY: [<] <まあ / BE動詞に当たるような> // あの / xxx {%com: Chinese} {%alt:是} っていうのがあるんです <けど> //

270 365.439-377.188 CHI: [<] <うん> ///

271 365.439-377.188 KAY: それなんか // 違う / 漢字と / 全くおんなじ +

272 365.439-377.188 CHI: 発音 ///

273 365.439-377.188 KAY: 発音なんですよね ///

274 377.188-382.535 CHI: あでも役割が全然 // まあ <違うから ->> //

275 377.188-382.535 KAY: [<] <違います /// 違う + hhh {%act: assent}> ///

276 377.188-382.535 CHI: わかるということ <なんでしょうけれど>

277 377.188-382.535 KAY: [<] <環境が違うとわかる>

278 377.188-382.535 CHI: ねえ ///

279 382.535-383.515 KAY: ええ -> ///

280 383.515-390.853 CHI: ああ <-> そうか {%alt: そっか} ->> ///

281 383.515-390.853 KAY: [<] <でもそれは三個か四個> もうすでに出てきてるから //

282 383.515-390.853 CHI: はい ///

283 383.515-390.853 KAY: あのう / 初心者にとってはちょっときつい <ですよね> ///

284 383.515-390.853 CHI: [<] <うん / うん> / hhh {%act: understand} ///

285 390.853-393.113 KAY: "あれ ? とこれは // どっちなのかな ?" とか +

286 393.113-396.956 CHI: それやっぱり <何度も>

287 393.113-396.956 KAY: [<] ///

288 393.113-396.956 CHI: 聞くことによっ <てやっぱり / 克服>

289 393.113-396.956 KAY: [<] <ええ ->> ///

290 393.113-396.956 CHI: できるという //

291 393.113-396.956 KAY: <はい> ///

292 393.113-396.956 CHI: [<] <ことで> しょうしね ///

293 396.956-397.516 KAY: ねえ ///

294 397.516-398.8 CHI: hhh {%act: understand} ///

295 398.8-420.062 CHI: それにあのう // 読んでなくても // 何度も何度も聞いてるとあの / 意味が [/] はちょっと / おぼろげでも //

296 398.8-420.062 KAY: hhh {%act: understand} ///

297 398.8-420.062 CHI: あの // なんか / 言ってること何となくこう / 毎回おんなじ -> 音を聞いてると <わか>

298 398.8-420.062 KAY: [<] <ええ> ///

299 398.8-420.062 CHI: ってきます <よね> ?

300 398.8-420.062 KAY: [<] <そう> なんで <すね> ///

301 398.8-420.062 CHI: [<] <そう> すると // その -> // あのう hhh {%act: stammer} 知識 -> と言いますかその感覚で / 今度本読むと // ぱぱぱっ {%com: onomatopoeia}/ その // 字と //

302 398.8-420.062 KAY: はい ///

303 398.8-420.062 CHI: 音がこう -> //

304 398.8-420.062 KAY: そうです <よねえ> !

305 398.8-420.062 CHI: [<] <結びつく> かもしれない <しね> ///

306 398.8-420.062 KAY: [<] <うん> ///

307 420.062-432.261 CHI: 聞くってことは //

308 420.062-432.261 KAY: <で ->> //

309 420.062-432.261 CHI: [<] <あのう> // ///

310 420.062-432.261 KAY: [<] <まあ / 日常> 会話なんかやっぱりその -> // ええ / 合いの手って言うか /

311 420.062-432.261 CHI: <hhh {%act: understand}> ///

312 420.062-432.261 KAY: [<] <こう ->> // つうかあの部分があって // あの向こうが言ったら / こう言うのは当然だっていうのはありますよ <ね> ?

313 420.062-432.261 CHI: [<] <hhh {%act: assent}> ///

314 432.261-442.319 KAY: だから // その辺りのね / テープであの / 会話を聞いてると // あのう -> // 実際の場面に自分が遭った時に // "あ ! こう言わなきゃいけない" っていうの {%alt: ての} / 自然に <出て>

315 432.261-442.319 CHI: [<] <うん> ///

316 432.261-442.319 KAY: くる -> ?

317 442.319-443.022 CHI: 確かに <ね> ///

318 442.319-443.022 KAY: [<] <ね> ///

319 443.022-443.446 CHI: うん ///

320 443.446-448.916 KAY: 例えばあのう -> // "こんにちは -> /// お元気ですか" / っていうのが &mm まあ // 普通の会話あります <よね> ///

321 443.446-448.916 CHI: [<] <うん> ///

322 448.916-460.449 KAY: で -> / 向こうの人が "はい / 元気です -> /// どうもありがとうございます /// あなたは" / って /

323 448.916-460.449 CHI: うん ///

324 448.916-460.449 KAY: 日本語ではあんまりそういうこと言わな <いんだけど {%act: laugh} hhh {%act: laugh}> //

325 448.916-460.449 CHI: [<] <言わない /// うん> ///

326 448.916-460.449 KAY: あのう / 中国語ではよくあるんですね ///

327 460.449-460.93 CHI: ええ ///

328 460.93-463.431 KAY: で / "xxx {%com: Chinese} {%alt:にが} ?" ていう / そ <の ->> /

329 460.93-463.431 CHI: [<] <うん> ///

330 460.93-463.431 KAY: 言い方 ?

331 463.431-463.966 CHI: うん ///

332 463.966-467.454 KAY: だから // あのう -> // 自然にこう / 出てくるっていうか +

333 467.454-470.184 CHI: よう {%alt: よ} になるの <ね / 聞いて ->>

334 467.454-470.184 KAY: [<] <うん {%alt: う -> ん}> ///

335 467.454-470.184 CHI: いることによって ///

336 470.184-470.494 KAY: ね ///

337 470.494-470.821 CHI: うん -> ///

338 470.821-477.69 KAY: xxx / &ah あのう -> &uh "谢谢 {%com: Chinese}" // て言って "xxx {%com: Chinese} ?" / っていうのがもうすぐにいつも {%alt: いっつも} こう一緒に {%alt: ん} なってるって言うか ?

339 477.69-478.106 CHI: hhh {%act: understand} ///

340 478.106-478.575 KAY: うん ///

341 478.575-482.546 KAY: だから // 文化的違いもそこでやっぱりもう // 入ってくる / ///

342 478.575-482.546 CHI: [<] ///

343 482.546-482.983 KAY: ね ///

344 482.983-485.298 KAY: <うん ->> ///

345 482.983-485.298 CHI: [<] <hhh {%act: understand}> ///

346 485.298-505.28 CHI: はあもっと / その -> / 聞くという部分は // あのう //

347 485.298-505.28 KAY: いかに <大切かっていうのはねえ ->> ///

348 485.298-505.28 CHI: [<] / ことになりますよね /// それに> よって / 文法も定着 //

349 485.298-505.28 KAY: <ええ> ///

350 485.298-505.28 CHI: [<] していくし //

351 485.298-505.28 KAY: はい ///

352 485.298-505.28 CHI: うん // ///

353 485.298-505.28 KAY: [<] <いやあのう> // あれですよ最近 // テレビなん <かで>

354 485.298-505.28 CHI: [<] <hhh {%act: clearing of throat}> ///

355 485.298-505.28 KAY: あのう -> [///] 日本のテレビもそうだけど -> // 中国語も今そうなってきてんのかなあ ?

356 505.28-510.893 KAY: あのう -> // 多分 / あれは / あのう &uh &oh // つんぼの人 ?

357 510.893-515.974 CHI: <ええ> ///

358 510.893-515.974 KAY: [<] <耳> が聞こえない <人のために ->> //

359 510.893-515.974 CHI: [<] <え /// 不自由な人> の = <うん> ///

360 510.893-515.974 KAY: [<] <あの> / 全部 // 文字が出てきますよね ///

361 515.974-519.082 CHI: あ / もう = <はい> ///

362 515.974-519.082 KAY: [<] <発> 音されたこと全部 <文字に &な> +

363 515.974-519.082 CHI: [<] <字幕に> = <ええ> ///

364 515.974-519.082 KAY: [<] <ええ> ///

365 519.082-536.061 KAY: あれがねえ // あの / 語学の //

366 519.082-536.061 CHI: うん / うん ///

367 519.082-536.061 KAY: 勉強にはすごく <いいと> //

368 519.082-536.061 CHI: [<] /// 確かにね !

369 519.082-536.061 KAY: 思う +

370 519.082-536.061 CHI: 中国語を勉強してる人が中国の放送を /

371 519.082-536.061 KAY: ええ ///

372 519.082-536.061 CHI: 聞きながら <字も>

373 519.082-536.061 KAY: [<] <ええ> ///

374 519.082-536.061 CHI: 見られるという /

375 519.082-536.061 KAY: ええ ///

376 519.082-536.061 CHI: ことですか <らねえ> ///

377 519.082-536.061 KAY: [<] <だから> / "あ ! 今言ったな" って言う言葉が / 字で見えて [///] あたしの / 年なん / かの場合はほら字からこう // 日本人は入っちゃいますから <ねえ> !

378 519.082-536.061 CHI: [<] <はい> ///

379 536.061-547.185 KAY: あのうわかっちゃうから -> // だからそれが言われたんで "あ ! あれだった" ていう / その -> //// あの思い付きが / すぐそこで出てくるって言うかね<え> ///

380 536.061-547.185 CHI: [<]<うん> / <うん> ///

381 536.061-547.185 KAY: [<] <うん> -> ///

382 547.185-556.841 CHI: 日本の / テレビも // あのバラエティ番組 <なんかで> //

383 547.185-556.841 KAY: [<] <hhh {%act: assent} {%act: laugh}> ///

384 547.185-556.841 CHI: ちょっと &お [/] 大げさな大きい字 / で出たりしますけれども / 時々そういう /

385 547.185-556.841 KAY: あれ //

386 547.185-556.841 CHI: 形 <で / 文字化されてる xxx>

387 547.185-556.841 KAY: [<] <漫画の影響ですよね> ///

388 547.185-556.841 CHI: ねえ ///

389 556.841-557.898 CHI: あそうですねえ !

390 557.898-572.845 KAY: なんか // こう / どんどんどん <どん {%alt: ど -> ん} みたいで / やっぱり> +

391 557.898-572.845 CHI: [<] <どどんてしかも / {%com: noise} ただ出る &だ [/] あの <字幕>

392 557.898-572.845 KAY: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

393 557.898-572.845 CHI: として出るんじゃ <なくってね> //

394 557.898-572.845 KAY: [<] <そう /// そうそう {%act: laugh}> ///

395 557.898-572.845 CHI: もうほんとにあのう // ええ / 視覚的な /

396 557.898-572.845 KAY: そう !

397 557.898-572.845 CHI: 効果を狙って //

398 557.898-572.845 KAY: そう ///

399 557.898-572.845 CHI: あのう / 出してくる大きい字でこう / どきどき {%com: onomatopoeia} とこうねえ / 点滅したりとか //

400 557.898-572.845 KAY: そうそうそう !

401 557.898-572.845 CHI: いうのありますから <ねえ> ///

402 557.898-572.845 KAY: [<] <うん> ///

403 572.845-583.152 CHI: まあ // でもあれも確かに &み [/] 耳の不自由な人には // 助けには / なる <しいや> /

404 572.845-583.152 KAY: [<] ///

405 572.845-583.152 CHI: その -> hhh {%act: laugh} 日本語勉強してる学生たちにとっても //

406 572.845-583.152 KAY: うん ///

407 572.845-583.152 CHI: 多少 +

408 572.845-583.152 KAY: 視覚だけでも楽しめる ///

409 583.152-583.885 CHI: ううん ///

410 583.152-583.885 KAY: [<] <ね> ///

411 583.885-590.794 KAY: あのう / オーディオビジュアルなんだけどオーディオがなくて <も ->>

412 583.885-590.794 CHI: [<] <うん> ///

413 583.885-590.794 KAY: ビジュアルだけでも結構こう / 訴え <かけられる>

414 583.885-590.794 CHI: [<] <hhh {%act: assent}> ///

415 583.885-590.794 KAY: ようなね ///

416 590.794-591.214 CHI: うん ///

417 591.214-595.27 KAY: で文字を使ってるっていうのは // やっぱり最近の傾向なのかもしれませんね ///

418 595.27-596.352 CHI: そうなんです<ね> ///

419 595.27-596.352 KAY: [<]<うん> ///

420 596.352-608.726 CHI: ある意味でその {%com: noise} / そういう // あのバリアフリー / ではないですけれども -> // 耳の不自由な方 /

421 596.352-608.726 KAY: ええ ///

422 596.352-608.726 CHI: を / 配慮 &し [/] して // のことなのか // 結果的にそうなったのか <わかりませんけれどねえ> ///

423 596.352-608.726 KAY: [<] <hhh {%act: assent} /// ええ> ///

424 608.726-609.495 CHI: xxx +

425 609.495-619.722 KAY: この間もなんかお笑い番組も [///]

426 609.495-619.722 CHI: うん ///

427 609.495-619.722 KAY: ねえ / 先生にもお話したかもしれないけど見てて -> //

428 609.495-619.722 CHI: うん ///

429 609.495-619.722 KAY: あのう -> // ナインティ {%alt: なんてぃ} 何とかって / 今日本で売れてるらしいんですよねえ ///

430 619.722-622.019 CHI: <コメディアン> ///

431 619.722-622.019 KAY: [<] + コメディアン <ねえ> ///

432 619.722-622.019 CHI: [<] <は {%act: assent repeatedly}> ///

433 622.019-629.807 KAY: で -> / その人たちの番組見てたら -> // あのう -> // なんか // すごいこう / 暴走族みたいな ?

434 629.807-631.484 KAY: 感じの格好してて ?

435 631.484-632.717 KAY: 革ジャンなんか着て ?

436 632.717-645.43 KAY: でこう xxx なんてね / すごいこう //

437 632.717-645.43 CHI: <hhh {%act: laugh}> ///

438 632.717-645.43 KAY: [<] <頭がこうある> [///] みんなかつらなんです <けど> //

439 632.717-645.43 CHI: [<] <ええ> ///

440 632.717-645.43 KAY: かつらじゃない <人も>

441 632.717-645.43 CHI: [<] <うん> ///

442 632.717-645.43 KAY: いたかもしれないけど //

443 632.717-645.43 CHI: うん ///

444 632.717-645.43 KAY: それで {%alt: そいで} あのう // オートバイに -> / あのう // こう &mm [/] 輪になって乗って <るんですよ> ///

445 632.717-645.43 CHI: [<] <ええ {%act: understand repeatedly}> ///

446 645.43-660.018 KAY: それでこう順番に / こうね {%com: noise} //

447 645.43-660.018 CHI: うん ///

448 645.43-660.018 KAY: 例えばあのう // ええ -> / 木だったら -> //

449 645.43-660.018 CHI: はいは<い> ///

450 645.43-660.018 KAY: [<]"<一>本 #

451 645.43-660.018 CHI: ええ {%act: understand repeatedly} /// <あのう> +

452 645.43-660.018 KAY: [<] <何> とか二本 {%alt: に -> ほん}" って言って // 次々にその -> / あのう &oh #

453 645.43-660.018 CHI: 呼び方 ? &じょす [/] hhh {%act: stammer} /

454 645.43-660.018 KAY: すう <じょ xxx> ?

455 645.43-660.018 CHI: [<] <助数詞> /// うん ///

456 660.018-660.327 KAY: え ///

457 660.327-663.141 KAY: 助数詞を -> / あの / 変えてかなきゃいけないの ///

458 663.141-663.656 CHI: うん ///

459 663.656-670.416 KAY: だから /

460 663.656-670.416 CHI: +

461 663.656-670.416 KAY: [<] <"お蕎麦" {%com: noise}> って <言う>

462 663.656-670.416 CHI: [<] <うん> ///

463 663.656-670.416 KAY: と // あのう "三玉" / とかね //

464 663.656-670.416 CHI: うん ///

465 663.656-670.416 KAY: あのう &uh // あ !

466 670.416-674.09 KAY: 枚も言えますよね三枚とか /

467 670.416-674.09 CHI: はい ///

468 670.416-674.09 KAY: お蕎麦なんかの場 <合は> ///

469 670.416-674.09 CHI: [<] <うん> ///

470 670.416-674.09 KAY: ね ///

471 674.09-683.395 KAY: だから // 一二三 <四五六 xxx> +

472 674.09-683.395 CHI: [<] <でも // 数字は> とにかく一二三って増えてか <なきゃいけないんですね> ?

473 674.09-683.395 KAY: [<] <そうなんです> /// 順番にいくんですけど -> // その / 物によっ <て ->> //

474 674.09-683.395 CHI: [<] <ええ> ///

475 674.09-683.395 KAY: <助数詞を変える xxx> ///

476 674.09-683.395 CHI: [<] <助数詞を変えていくと ///

477 683.395-688.178 CHI: でその -> /

478 683.395-688.178 KAY: <それで> +

479 683.395-688.178 CHI: [<] <物の> 名前を言う人は別に外側に居て // その人がこう与えていくわけです ?

480 683.395-688.178 KAY: [<] <そうなんです> ///

481 688.178-693.622 KAY: <で // それをその ->> //

482 688.178-693.622 CHI: [<] <hhh {%act: laugh} /// xxx ね> ///

483 688.178-693.622 KAY: ちゃんと言えない <と ->> //

484 688.178-693.622 CHI: [<] <うん> ///

485 688.178-693.622 KAY: 罰則があるんで <すよ> ///

486 688.178-693.622 CHI: [<] <ええ {%act: understand repeatedly}> ///

487 693.622-696.717 KAY: それで {%alt: そいで} お相撲さんが出てきて -> //

488 693.622-696.717 CHI: うん ///

489 693.622-696.717 KAY: こてんぱんにやられちゃうの ///

490 696.717-696.97 CHI: hhh {%act: laugh} ///

491 696.97-698.521 KAY: hhh {%act: laugh} ///

492 698.521-703.242 KAY: あれ // <すごい>

493 698.521-703.242 CHI: [<] ///

494 698.521-703.242 KAY: 暴力的でね //

495 698.521-703.242 CHI: hhh {%act: understand} ///

496 698.521-703.242 KAY: ほんとに見てて <なん>

497 698.521-703.242 CHI: [<] <hhh {%act: clearing of throat}> ///

498 698.521-703.242 KAY: かあの / すごい痛そうだった ///

499 698.521-703.242 CHI: いや {%act: laugh} ///

500 703.242-710.303 KAY: なんかぼか -> {%com: onomatopoeia} とかやられて <->> //

501 703.242-710.303 CHI: [<] <ええ> ///

502 703.242-710.303 KAY: なんか <私は>

503 703.242-710.303 CHI: [<] <hhh {%act: clearing of throat}> ///

504 703.242-710.303 KAY: それ見てたとき hhh {%act: laugh}//

505 703.242-710.303 CHI: なんか ///

506 703.242-710.303 KAY: [<] <なんか変な番組だなと> = hhh {%act: laugh} ///

507 710.303-720.783 KAY: まあなんか {%alt: まあんか} 学生にそれはこう // hhh {%act: laugh} /

508 710.303-720.783 CHI: &mm <うん // ちょっと xxx> ///

509 710.303-720.783 KAY: [<] {%alt:二重} に {%alt: ん} なっちゃって> ↑

510 710.303-720.783 CHI: うん ///

511 710.303-720.783 KAY: できなかったらこういう {%act: laugh} hhh {%act: laugh}> ///

512 710.303-720.783 CHI: [<] <そうね確かに / うん> /// そのくらいの恐怖心で //

513 710.303-720.783 KAY: <hhh {%act: laugh}> ///

514 710.303-720.783 CHI: [<] <緊張感を持って / やってもらうとかね> ///

515 720.783-723.994 KAY: そういう <ことよね> ///

516 720.783-723.994 CHI: [<] <日本人> でも苦労しますよねだか <らそういうのは> //

517 720.783-723.994 KAY: [<] <hhh {%act: assent}> ///

518 723.994-724.498 CHI: その -> +

519 724.498-733.099 KAY: 思いながら

520 724.498-733.099 CHI: [<] <うん> ///

521 724.498-733.099 KAY: なんかけたけた笑って見て <たん>

522 724.498-733.099 CHI: [<] <うん> ///

523 724.498-733.099 KAY: です <けど> //

524 724.498-733.099 CHI: [<] <うん> ///

525 724.498-733.099 KAY: 変な番組だなあって {%act: laugh} <&おも = hhh {%act: laugh}> ///

526 724.498-733.099 CHI: [<] <うん / ちょっと> / 多少 -> / まあそういう意味ではねえ //

527 724.498-733.099 KAY: ええ ///

528 724.498-733.099 CHI: アカデミックじゃないですけれど +

529 733.099-737.423 KAY: あのう教えてる部分 <は> /

530 733.099-737.423 CHI: [<] <ね> // &ありま = という <ことですよね> ///

531 733.099-737.423 KAY: [<] <あるんですよね> ! そ <う ->> ///

532 733.099-737.423 CHI: [<] <うん> ///

533 737.423-746.217 KAY: だから / この次は何 <を>

534 737.423-746.217 CHI: [<] <hhh {%act: clearing of throat}> ///

535 737.423-746.217 KAY: 言うかなって <こっちも>

536 737.423-746.217 CHI: [<] ///

537 737.423-746.217 KAY: こう / 期待がある <し ->> //

538 737.423-746.217 CHI: [<] <うん> // そうですねえ ///

539 737.423-746.217 KAY: 変わったものを言った時に / ぱっと出ないでしょ日本人て <こうね> ?

540 737.423-746.217 CHI: [<] <出ない xxx> [/] なかなか <出ないです> ///

541 737.423-746.217 KAY: [<] <hhh {%act: assent}> ///

542 737.423-746.217 CHI: うん ///

543 746.217-755.998 KAY: うん / だから例えば // あのう / "おうち" になると {%alt: なんと} / "一軒 !" とかね //

544 746.217-755.998 CHI: うん ///

545 746.217-755.998 KAY: あのう / "たまご !" "三個 !" とかっていうのがねこう -> / どんどんぼんぼん +

546 746.217-755.998 CHI: [<] <ちょっと> どきどきします ///

547 755.998-758.52 CHI: 絶対 &い [/] 一テンポ空きますよね言う前に ///

548 758.52-768.066 KAY: そう <なんです>

549 758.52-768.066 CHI: [<] <どうしても> /

550 758.52-768.066 KAY: よ <ねえ> ///

551 758.52-768.066 CHI: [<] <ちょっと {%alt: ちょ}> 考えるプロセスが <入っちゃうから> ///

552 758.52-768.066 KAY: [<] <hhh {%act: understand}> ///

553 758.52-768.066 CHI: <hhh {%act: assent}> ///

554 758.52-768.066 KAY: [<] <でやっぱり> // どっかでねえ / あのう // xxx {%alt:フリック} にあって -> / 頭が動かないで変なこと言うんですよねえ ///

555 768.066-769.049 CHI: んまあそうですよ <ね> ///

556 768.066-769.049 KAY: [<] <ね> ///

557 769.049-769.363 CHI: ええ ///

558 769.363-772.662 KAY: だから <ずう>

559 769.363-772.662 CHI: [<] +

560 769.363-772.662 KAY: っとねえ / <十以上>

561 769.363-772.662 CHI: [<] <まあ xxx> +

562 769.363-772.662 KAY: 続くっていうのはあんまり {%alt: あんま} ないの ///

563 772.662-773.125 CHI: hhh {%act: understand} ///

564 773.125-775.92 CHI: みんな日本人で -> / ちゃんと /

565 773.125-775.92 KAY: <hhh {%act: assent repeatedly} / hhh {%act: laugh}> ///

566 773.125-775.92 CHI: [<] <わかってるはずでもね> !

567 775.92-779.309 KAY: hhh {%act: laugh} /// それでね //

568 775.92-779.309 CHI: xxx ///

569 775.92-779.309 KAY: 一人横浜に住んでる / 外人が入ったんです ///

570 779.309-779.831 CHI: うん ///

571 779.831-782.046 KAY: でその人ちゃんとできるんですよ hhh {%act: laugh} ///

572 782.046-784.411 CHI: +

573 782.046-784.411 KAY: [<] <あんまり {%alt: あんま}> 間違え <ないで> ///

574 782.046-784.411 CHI: [<] <かえって> 日本人より ?

575 784.411-784.499 CHI: ///

576 784.499-790.753 KAY: [<] <そう // それで {%alt: そいで}> // かえって日本人の方が駄目だったりして -> //

577 784.499-790.753 CHI: へえ -> ///

578 784.499-790.753 KAY: 面白かったですけどね ///

579 784.499-790.753 CHI: <hhh {%act: understand}> ///

580 784.499-790.753 KAY: [<] <アメリカ人> の人で ///

581 790.753-791.684 CHI: そう <ですか> ///

582 790.753-791.684 KAY: [<] <うん> ///

583 791.684-794.254 KAY: 多分 / 訓練してきたんじゃないかと xxx {%alt:思うんですけど} ...

584 794.254-794.828 CHI: うん ///

585 794.254-794.828 KAY: うん ///

586 794.828-795.12 CHI: うん ///

587 795.12-808.824 CHI: 私 / でも / この頃もう // やらせというかそういうことももう疑わしく思って結構もうそういうところも // もしかしたらねえ / 外国人の方ができる [///]

588 795.12-808.824 KAY: うん /// +

589 795.12-808.824 CHI: [<] <意外性を> 狙ってね //

590 795.12-808.824 KAY: hhh {%act: assent} そうそう <そうそうそう> ///

591 795.12-808.824 CHI: [<] <やってるんじゃないかなあ> って //

592 795.12-808.824 KAY: それは / &あ +

593 795.12-808.824 CHI: 考えるようになっ <ちゃってもう ->> //

594 795.12-808.824 KAY: [<] <あったんじゃない> かな <あ ->> ///

595 795.12-808.824 CHI: [<] <悲> しいですけどね ///

596 808.824-816.856 KAY: <ねえ> ///

597 808.824-816.856 CHI: [<]<なんか>いろんな所でもう -> [/] この世の中 / いろいろこう事件とかこうね //

598 808.824-816.856 KAY: うん <->> ///

599 808.824-816.856 CHI: [<] <暴露される話> を聞いてるといろいろありますからねえ <->> !

600 808.824-816.856 KAY: [<] <ね> え -> ///

601 816.856-817.393 CHI: そういう +

602 817.393-832.376 KAY: まあ // 政治の世界なんかでも / そういうの結構多い <んじゃないですか ->> ?

603 817.393-832.376 CHI: [<] <やらせ とかも / &もと> [/] もともとがね /

604 817.393-832.376 KAY: <hhh {%act: assent}> ///

605 817.393-832.376 CHI: [<] <茶番劇> / という <-> か / そういうものがほら> /

606 817.393-832.376 KAY: [<] <そう -> そ {%act: assent repeatedly}> ///

607 817.393-832.376 CHI: なんか <多いような気がして> /

608 817.393-832.376 KAY: [<] <hhh {%act: assent}> ///

609 817.393-832.376 CHI: いつも白けて [///]

610 817.393-832.376 KAY: うん <->> ///

611 817.393-832.376 CHI: [<] <多少ね> // 白けて見てるんです <けども {%act: laugh}> //

612 817.393-832.376 KAY: [<] <ええ {%act: understand repeatedly}> ///

613 817.393-832.376 CHI: 悲しいですけれども <仕方ないですね> ///

614 817.393-832.376 KAY: [<] <いや-> もう> どこでもそう <です>

615 817.393-832.376 CHI: [<] <うん> ///

616 817.393-832.376 KAY: よねえ -> ///

617 832.376-833.156 CHI: xxx <ね> ///

618 832.376-833.156 KAY: [<] <な> んかね ///

619 833.156-833.498 CHI: うん ///

620 833.498-833.955 CHI: ううん +

621 833.955-836.473 KAY: xxx {%alt: 私も} そういう感じしてますねえ <->>

622 833.955-836.473 CHI: [<] <うん> ///

623 833.955-836.473 KAY: うん ///