Sonido

Cultural shock


<Header>
<Title> Cultural shock </Title>
<File> jdl09 </File>
<Participants>
<Speaker>
<ShortName> woman </ShortName>
</Speaker>
<Speaker>
<ShortName> woman </ShortName>
</Speaker>
</Participants>
<Date> 07/03/2006 </Date>
<Place> Madrid </Place>
<Situation> chat at free time at the university </Situation>
<Topic> Cultural shock </Topic>
<Source> C-ORAL-JAPON </Source>
<Class Type1="informal" Type2="private" Type3="dialogue" />
<Length> 14’ 43’’ </Length>
<Characters> 5.763 </Characters>
<Acoustic_quality Type="A" />
<Transcriber> K. Matsui </Transcriber>
<Revisor> E. Takamori </Revisor>
<Comments> Speakers sometimes use Spanish words. </Comments>
</Header>

1 0-3.099 SUG: じゃあ -> / カルチャーショックについて hhh {%act: laugh} {%com: The voice of supervisor is heard in the background} ///

2 3.099-3.69 IMU: うん ///

3 3.69-4.841 IMU: なんかある ?

4 4.841-6.023 SUG: なんか hhh {%act: laugh} +

5 6.023-7.342 IMU: あああたし -> あ !

6 7.342-17.678 IMU: 昨日の {%com: hardly heardの} こってんけど -> // hhh {%act: sniff} あのう昨日ベリーダンスの -> / クラスを / あのう -> / 登録するために /

7 7.342-17.678 SUG: <hhh {%act: clearing of throat}> ///

8 7.342-17.678 IMU: [<] <ジムに> 行ってんやん <か ->> ///

9 7.342-17.678 SUG: [<] <うん> うん ///

10 17.678-53.853 IMU: それで {%alt: んで} -> / すごいそこで -> / ああやっぱ日本人と違うと思ったんは -> /

11 17.678-53.853 SUG: うんうん ///

12 17.678-53.853 IMU: レセプションの男の人が -> / めっちゃ -> / ナンパ口調で -> <hhh {%act: laugh}> /

13 17.678-53.853 SUG: [<] <ああ> -> ///

14 17.678-53.853 IMU: すごい = 何だろう [///] &めっ [///] なんか -> // &す [///] ううん / まあ &い [/] いいふうに言ったらフレンドリーやねんけど -> / ちょっとフレンドリーすぎるって <いうかなん>

15 17.678-53.853 SUG: [<] <ああうん> ///

16 17.678-53.853 IMU: か / 入った途端に / "ala qué guapa ->" みたいな感じで -> / こう迎えて <きて ->> /

17 17.678-53.853 SUG: [<] <うん ->> ///

18 17.678-53.853 IMU: まあ / あラテン人だなあって思って普通に入ってったら -> // hhh {%act: sniff} それでなんか -> あのう台の上に手を乗っけて -> / いろいろ紙を書いてたら -> // その手 -> を握ろうとしてきて ///

19 53.853-54.46 SUG: ええ !

20 54.46-68.305 IMU: それで {%alt: んで} -> / うわ / やっぱラテン人だ -> と思って -> そこが = 何だろ [///] 日本人と全然 [///] 日本だったらそんなんやったら <もう絶対首だし -> / っていうか考えられないし -> // その -> 働い>

21 54.46-68.305 SUG: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

22 54.46-68.305 IMU: てる人が &きゃ [///] 一応客 &ず [/] やん /

23 54.46-68.305 SUG: うんうん ///

24 54.46-68.305 IMU: 言ったら ///

25 68.305-89.807 IMU: でその客に -> [///] 客をナンパして / でなんかそれを xxx に言ったら // あのうその &だ [///] その -> 友達も -> // &そ [///] ああ友達 [/] その女の子も -> /

26 68.305-89.807 SUG: うん ///

27 68.305-89.807 IMU: そのほかの -> / 人にナンパされて -> /

28 68.305-89.807 SUG: <hhh {%act: understand}> ///

29 68.305-89.807 IMU: [<] <で> そのナンパが余りにももう毎回 -> / でなんか -> = 何だろう [///] もうっとうし過ぎるから -> / ジムやめたんだって ///

30 89.807-90.536 SUG: hhh {%act: surprised} ///

31 90.536-91.185 IMU: それほど ///

32 91.185-91.842 SUG: そんなに ?

33 91.842-92.29 IMU: うん ///

34 92.29-97.271 IMU: ていう -> // なんかそれほどのなんか /

35 92.29-97.271 SUG: ああ -> ///

36 92.29-97.271 IMU: 積極性 ?

37 97.271-99.871 SUG: うん -> ///

38 97.271-99.871 IMU: を / 感じましたきのう ///

39 99.871-100.697 SUG: なるほど ///

40 100.697-102.201 IMU: うん hhh {%act: laugh} ///

41 102.201-102.998 IMU: なんかある ?

42 102.998-103.53 IMU: ほかに ///

43 103.53-127.523 IMU: その +

44 103.53-127.523 SUG: あたしは = 何だろう [///] なんか日本 [///] すごいスペインに来て思うのは -> # なんか / 例えば // ゆかが今言ったみたいに -> // あのう / お店でこっちはお客さんでも -> /

45 103.53-127.523 IMU: うん ///

46 103.53-127.523 SUG: 結構 // 捉え方がっていうか {%alt: ちゅか} お客さん -> / の <立場 ->> /

47 103.53-127.523 IMU: [<] <hhh {%act: assent}> ///

48 103.53-127.523 SUG: の捉え方が全然違って <例えば日本で>

49 103.53-127.523 IMU: [<] <ああそれはね> ///

50 103.53-127.523 SUG: あれば -> //

51 103.53-127.523 IMU: うん ///

52 103.53-127.523 SUG: お客様は神様ですって <いう考え方が>

53 103.53-127.523 IMU: [<] <あ hhh {%act: assent}> ///

54 103.53-127.523 SUG: ちょっと浸透 <してる>

55 103.53-127.523 IMU: [<] <うん> ///

56 103.53-127.523 SUG: じゃん ?

57 127.523-138.627 SUG: だから -> / あのう / 例えばマクドナルドで -> /

58 127.523-138.627 IMU: うん ///

59 127.523-138.627 SUG: すごい薄給で働いてる人 <で>

60 127.523-138.627 IMU: [<] <うん> ///

61 127.523-138.627 SUG: あっても -> // ちゃんと -> / "いらっしゃいませ" /

62 127.523-138.627 IMU: うん ///

63 127.523-138.627 SUG: ていう / 挨拶から始まって -> ちゃんと"何にします [///] 何になさいますか -> ?

64 138.627-154.777 IMU: うん全部 <ねえ / すごい {%alt: すっごい} 丁寧 = うん /// 敬語だもんね> ///

65 138.627-154.777 SUG: [<] <これで / いいですか ?" 全部敬語 -> [/] &けん [/]> 敬語で丁寧語 <で>

66 138.627-154.777 IMU: [<] <うん> ///

67 138.627-154.777 SUG: するけど -> // 例えば &こっ [/] ええスペインとか -> / 例えば / まあアメリカとか全部 // もうマクドナルドとかだと -> すごい = 何だろう [///] <&はっ [///] もう &いや [/] 嫌々働いてるみたいな ///

68 154.777-156.518 SUG: だから> +

69 154.777-156.518 IMU: [<] hhh {%act: assent} /// それが> 前面に現れ <てる>

70 154.777-156.518 SUG: [<] <そう ->> ///

71 154.777-156.518 IMU: よね ///

72 156.518-159.078 SUG: でも -> それを見て -> / なんか最初はすごいショックだったの ///

73 159.078-159.638 IMU: うんうん ///

74 159.638-184.345 SUG: なんか / なんで / そんなに hhh {%act: laugh} 強い言い方するの <とか> //

75 159.638-184.345 IMU: [<] <うん> ///

76 159.638-184.345 SUG: 思ったけど -> なんか // でも -> / それで思ったのは -> // たぶん働いてる人は -> / 日本の [///] 日本で働いてる人の方が -> 自分 [/] 自分でしなきゃいけないことは多いけど例えば丁寧語で話さなきゃいけないとか <そういう> /

77 159.638-184.345 IMU: [<] <うん> ///

78 159.638-184.345 SUG: 気を配らなきゃいけないことは多いけど -> // でもお客さんといい関係が続 / けられるから -> // そういうことは別に苦にならない ?

79 184.345-225.083 IMU: うん ///

80 184.345-225.083 SUG: その人にとってもプラスになること <だから>

81 184.345-225.083 IMU: [<] <うん> ///

82 184.345-225.083 SUG: 苦にならないけどでも / 例えばスペインとかほかの国の人は -> /

83 184.345-225.083 IMU: うん ///

84 184.345-225.083 SUG: 自分自身が相手に対して悪いように接するから -> / 相手もこう横柄 <な>

85 184.345-225.083 IMU: [<] <うん> ///

86 184.345-225.083 SUG: 態度になって / でさらに -> / こう <働きづらい環境になってる>

87 184.345-225.083 IMU: [<] <そうやんねえ悪循環> ///

88 184.345-225.083 SUG: なあ //

89 184.345-225.083 IMU: うん ///

90 184.345-225.083 SUG: て思って -> だから = 何だろう [///] なんかそれは違いっていうか [///] まどっちがいいとか悪いとかじゃ / なくって -> / なんかあたしは日本の -> 形式の方が好きだけ <ど ->>

91 184.345-225.083 IMU: [<] <うん> ///

92 184.345-225.083 SUG: = 何だろう [///] でも // そういう -> // 例えば / 自分の得るお金 [///] &ぶ [/] 物質的なそういう金銭面での / 得る収入が -> &す [/] 少ないっていう同じ立場であっても -> // 精神的にそういう風に = 何だろう [///] ちゃんと -> 自分で -> / 保って / やってる日本の文化はいいなあと <思って> ///

93 184.345-225.083 IMU: [<] <うん> <hhh {%act: laugh}> ///

94 184.345-225.083 SUG: <&そ> +

95 225.083-226.602 IMU: それはねあたし {%alt: あっし} も <思う> ///

96 225.083-226.602 SUG: [<] <そう> ///

97 226.602-228.536 IMU: あれは -> / 怖いよね ///

98 228.536-235.158 SUG: うんなんか / 一回 -> アメリカ行ったときに -> / ニューヨークで -> hhh {%act: laugh} / <マック>

99 228.536-235.158 IMU: [<] <うん> ///

100 228.536-235.158 SUG: に入ったの ///<

101 228.536-235.158 IMU: うん ///

102 235.158-251.335 SUG: そうしたら {%alt: そしたら} -> / あのう -> / なんか飲み物何にするか聞かれてないのに勝手にコーラをつがれて //

103 235.158-251.335 IMU: え !

104 235.158-251.335 SUG: でそれで -> // あでもオレンジジュースがいいなあって思ったら -> [///] 思って言ったら -> // "え !? じゃあ / オレンジジュースとコーラ両方飲むの" って /

105 235.158-251.335 IMU: <hhh {%act: laugh}> ///

106 235.158-251.335 SUG: [<] <"いつコーラって言ったんだよ" みたいな hhh {%act: laugh}> ///

107 251.335-251.89 IMU: ええ -> !

108 251.89-255.564 IMU: &わか [///] あでも // そういうのなあほんま -> / あるよなあ ///

109 255.564-259.802 SUG: <うん ->> ///s

110 255.564-259.802 IMU: [<] <なんか> / だから逆に / こっちだと -> [///] あ日本だともう &優し [///] あ !

111 259.802-268.668 IMU: そのレストランとかお店で -> 優しく -> っていうかすごい丁寧に接して {%alt: せっ &ss して} もらうの当たり前や <けど ->> /

112 259.802-268.668 SUG: [<] <hhh {%act: assent}> ///

113 259.802-268.668 IMU: こっちですごい / 丁寧に接してもらったらめっちゃテンション上がる ///

114 268.668-271.079 SUG: ああ <わかる /// うん> ///

115 268.668-271.079 IMU: [<] <なんか / "あ ! この> 人すごい優しい" みたいな ///

116 271.079-271.885 SUG: でもそうだよねえ ///

117 271.885-278.526 IMU: なんか -> / ううん -> まあ何で -> [/] 何でこういう文化になったんかなあっていうのはすごい / ちょっと疑問やけど ///

118 278.526-280.164 SUG: 日 <本と ->>

119 278.526-280.164 IMU: <でも ->> +

120 278.526-280.164 SUG: スペイン ?

121 280.164-280.689 IMU: うん ///

122 280.689-303.178 IMU: でも日本人 = あ何て [///] あのその友達間やとスペイン人はすごい明るいやん <か ->> ///

123 280.689-303.178 SUG: [<] <うん>

124 280.689-303.178 IMU: ですごい助けてくれるし = 何やろ [///] 身近な存在になったら -> <めっちゃみんな優しいのに ->> //

125 280.689-303.178 SUG: [<] <hhh {%act: click} わかる /// うん ->> ///

126 280.689-303.178 IMU: なんかすごい他人やと -> // なんか = 何やろ [///] まあ道聞いたりしたらすごい丁寧に教えてくれる <けど->> //

127 280.689-303.178 SUG: [<] <うん ->> ///

128 280.689-303.178 IMU: なんかそういうお店 -> [///] 客と -> / 店員みたいな関係んなっちゃうと / 結構xxx / 基本冷たい <よね> ///

129 280.689-303.178 SUG: [<] <ね> ///

130 303.178-308.147 IMU: まあいいレストランだと別だけど // ファーストフード <とかだと> +

131 303.178-308.147 SUG: [<] <ね / 何で> なんだろう <ね> ///

132 303.178-308.147 IMU: [<] <う> ん -> ///

133 308.147-311.49 IMU: それはなあ / なんでやろうなあ ///

134 311.49-317.225 SUG: うんでもたぶんそれはやっぱり [///] なんか日本って -> / 過剰なほど丁寧っていうか -> +

135 317.225-318.001 IMU: あ !

136 318.001-318.688 IMU: それは思う ///

137 318.688-319.17 IMU: あと / あ !

138 319.17-332.214 IMU: そうそうなんかあたし -> / その友達の -> 家 &mm / に行って -> // 親に会って -> // それで {%alt: ほんで} なんかすごい / いろいろしてくれるから / 毎回 "あ ! すいませんありがとうございます" ってこれ日本語やったらもう普通の / 言葉やん ///

139 332.214-340.356 IMU: なんか何かしてもらったら / "すいません / ありがとうございます" ってこれ二つ言って -> // まあ一応行儀 <の ->> /

140 332.214-340.356 SUG: [<] <うんうん> ///

141 332.214-340.356 IMU: いい子みたい <なことに>

142 332.214-340.356 SUG: [<] <うんうん> ///

143 332.214-340.356 IMU: なるじゃん hhh {%act: laugh} ///

144 340.356-361.924 IMU: だからそれをすごい言ってたら [///] "lo siento muchas gracias" みたいに言ってたら // "そんなに / 謝らなくていいしそんなに / ありがとうって言わないで ->" みたいな感じで <言われて ->> //

145 340.356-361.924 SUG: [<] <ええ -> ///

146 340.356-361.924 IMU: でそれで / 友達に説明 -> [///]/ それを親に言われて -> でそのあと友達に説明されたんは -> // なんかスペインで -> なんかすごい謝りすぎたり -> ありがとうって言い過ぎると -> / なんか距離を感じちゃうんだって <向こうが> ///

147 340.356-361.924 SUG: [<] <hhh {%act: understand}> ///

148 361.924-371.459 IMU: だから -> / 逆に -> そんな -> / 言わない方がいいみたいな /

149 361.924-371.459 SUG: hhh {%act: sniff} /// <hhh {%act: understand}> ///

150 361.924-371.459 IMU: [<] <言われて // ま確かに> / 考えるとスペイン人の友達は -> / あんまり {%alt: あんま} ありがとうって言ってくれないん / あたしに <対しても> /

151 361.924-371.459 SUG: [<] <hhh {%act: understand}> ///

152 361.924-371.459 IMU: そこまで ///

153 371.459-372.171 SUG: うんうん ///

154 372.171-385.271 IMU: なんか "何かする ?" みたいに言ったら"ah / vale " / みたいな感じ <で> /

155 372.171-385.271 SUG: [<] <うん> うん ///

156 372.171-385.271 IMU: "あ / vale って何だよ" みたいな内心思うんだ <けど>

157 372.171-385.271 SUG: [<] <うん> ///

158 372.171-385.271 IMU: "ありがとう" って言えよって思うけど -> // まあそれが文化なんかなあって思っ <て {%com: fading the voice} /// だから>

159 372.171-385.271 SUG: [<] <hhh {%act: understand}> ///

160 372.171-385.271 IMU: 日本 [///] ああだから最初ちょっといらいらしてた ///

161 385.271-387.131 IMU: なんか <"ありがとうって言えよ" / みたいな>

162 385.271-387.131 SUG: [<] <ああ ->> ///

163 385.271-387.131 IMU: hhh {%act: laugh} ///

164 387.131-389.682 SUG: やってあげたのに -> <っていうxxx {%alt:ことで}> ?

165 387.131-389.682 IMU: [<] <そうそう &やっ> [///] ま &やっ [///] そやね ///

166 389.682-395.531 IMU: なんか日本 -> [///] あなんかやってあげた [///] そうやねやってあげたのにっていう / 感情 <があるんやろな>

167 389.682-395.531 SUG: [<] <うん ->> ///

168 389.682-395.531 IMU: どっかで ///

169 395.531-404.547 IMU: 日本やと -> / なんか -> /{%alt: なん} にするにしてもさ -> / "あ何とか &しと" [///] 例えばなんか / "あ食器洗っとくよ ->" みたいに言ったら絶対 / "ありがとう" って /

170 395.531-404.547 SUG: <うん ->> ///

171 395.531-404.547 IMU: [<] <言うやん> ///

172 404.547-406.364 IMU: &そ [/] それは絶対言うやんか ///

173 406.364-407.632 SUG: うん <うん> ///

174 406.364-407.632 IMU: [<] <言わん> かったら / "え ?" って感じやん ///

175 407.632-407.998 SUG: うん ///

176 407.998-417.656 IMU: でも -> / こっちやと -> "あ / 食器洗っとくね" って言ったら / "ah vale " / みたいな感じで / それの一言で済まされ -> //

177 407.998-417.656 SUG: うん -> ///

178 407.998-417.656 IMU: "あ /// ふん" / みたいな感じに <なってた {%act: laugh}> ///

179 407.998-417.656 SUG: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

180 417.656-419.09 IMU: まあ今は慣れたけど ///

181 419.09-419.828 SUG: うん -> ///

182 419.828-423.144 IMU: でもなあ //

183 419.828-423.144 SUG: そっ <か ->> ///

184 419.828-423.144 IMU: [<] {%alt:やっぱ}> 違うな ///

185 423.144-429.921 SUG: そうだねなんか [/] なんかgracias と -> / ありがとうと / lo siento とごめんなさいっていうかすいません ?

186 429.921-435.16 IMU: うん ///

187 429.921-435.16 SUG: は -> なんかこう # イコールじゃない / っていうのをすごい感じる ///

188 435.16-436.441 IMU: ああ -> ///

189 436.441-443.564 IMU: もっと意味が深いんかな / スペイン語 <やと> ///

190 436.441-443.564 SUG: [<] <やっぱり> / ゆかが言ったように -> /

191 436.441-443.564 IMU: うん ///

192 436.441-443.564 SUG: 日本語は -> // すごいそういう言葉を -> / 大切にする ///

193 443.564-444.019 IMU: うん ///

194 444.019-449.05 SUG: &いっ [/] 一回一回のそういう言葉を大切にして -> / すごい言う -> よ<ね> ?

195 444.019-449.05 IMU: [<] <うん> ///

196 449.05-459.384 SUG: だから [///] でもそれを置き換えて日本 [/] スペイン語で言ったら -> / 余りにもdemasiado /

197 449.05-459.384 IMU: <hhh {%act: assent } {%act: laugh}> ///

198 449.05-459.384 SUG: [<] <な感じ> // なんか // クルト {%com: Spanish} {%com: reffering to culto} / て言うのなんか //

199 449.05-459.384 IMU: ああ -> !

200 449.05-459.384 SUG: しつこい ?

201 459.384-460.486 IMU: ううん ///

202 460.486-465.268 IMU: て / 思 <う hhh {%act: laugh}> ///

203 460.486-465.268 SUG: [<] <て -> 思う> [///] 思われると思う ///

204 465.268-465.928 SUG: <うん> ///

205 465.268-465.928 IMU: [<] <うん> -> ///

206 465.928-466.552 IMU: ね ///

207 466.552-474.659 SUG: だから / なんか / やっぱり言語を話すときは -> /

208 466.552-474.659 IMU: うん ///

209 466.552-474.659 SUG: そういう自分の -> モチベーションっていうか / 姿勢っていうか = 何て言うん <だろう> [///]

210 466.552-474.659 IMU: [<] <&むず> +

211 466.552-474.659 SUG: 態度 [/] 性格 ?

212 474.659-482.87 IMU: うん ///

213 474.659-482.87 SUG: 自体も全部変えて -> // こう -> # なんか <日本人>

214 474.659-482.87 IMU: [<] <&ss> ///

215 474.659-482.87 SUG: 的なものからそういう風にしないといけない / <のかなあと>

216 474.659-482.87 IMU: [<] <ねえ> ///

217 474.659-482.87 SUG: 思う ///

218 482.87-483.274 SUG: うん ///

219 483.274-494.973 IMU: あでもなんかそのだから -> / ちょっと {%alt: ちょと} 友達 -> には = 何だろう {%alt: だろ} [///] あんまり {%alt: あんま} ありがとうとか / 言わないように &し [/] &ss し始めたときあったんだけど -> /

220 483.274-494.973 SUG: <うん {%act: laugh}> ///

221 483.274-494.973 IMU: [<] <なんか> そう -> するとすごい <自分がなんか悪い子になったみたいで ->>

222 483.274-494.973 SUG: [<] <hhh {%act: laugh} うん> / 慣れ <てるんだもんね> ///

223 483.274-494.973 IMU: [<] <= わかる ?

224 494.973-506.71 IMU: なんか ->> // "え ? なんかこれ -> / あ嫌われないかなあ" って <すごい思って / 日本> [///]

225 494.973-506.71 SUG: [<] <hhh {%act: understand}> ///

226 494.973-506.71 IMU: なんか / やっぱなあ / そこはまだ = 何だろう [///] それで -> 向こうに不快感を与えてるか与えてないかわかんないじゃんうち <らは> ///

227 494.973-506.71 SUG: [<] <うん> ///

228 506.71-512.801 IMU: だからそれで / えこれは -> 言う -> [///] ほんとに言わない方がいいのか / いやでもこの人に対しては言った方がいいのか / あと特に親 ?

229 512.801-519.222 SUG: <ああ> ///

230 512.801-519.222 IMU: [<] <なんか> 誰かの友達 [///] "ま友達同士だったら言わなくてもいいか {%alt: いっか}" っていう考えは若干あるん {%alt: あん} だけど / 親だと / 一応目上じゃん ///

231 519.222-528.964 SUG: <ああ ->> ///

232 519.222-528.964 IMU: [<] <そうなると> -> // まあいくら -> なんか -> あんまり {%alt: あんま} 言わない方がいいって言われたと &ゆ [/] いえ {%alt: ゆえ} [///] とはいえ {%alt: ゆえ} // "いや言った方がいいのかな" とか / そこで <あちょっとは戸惑うかも> ///

233 519.222-528.964 SUG: [<] <ああ ->> ///

234 528.964-530.139 IMU: なんか &そ [///] うんそれやね ///

235 530.139-532.221 IMU: それは戸惑うね / なん <か> ///

236 530.139-532.221 SUG: [<] <うん> ///

237 532.221-540.89 SUG: あたし -> なんか今思い出したのは //

238 532.221-540.89 IMU: うん ///

239 532.221-540.89 SUG: その / 親御さんに対して -> /

240 532.221-540.89 IMU: うん ///

241 532.221-540.89 SUG: 思うのは -> なんか / 名前で呼ばなきゃいけないじゃんこっちって ///

242 540.89-542.375 IMU: ああ -> !

243 542.375-544.301 IMU: <そう> ///

244 542.375-544.301 SUG: [<] <あたし> それすごい抵抗あったの最初 ///

245 544.301-545.714 IMU: あたし呼んでないん ///

246 545.714-546.253 IMU: xxx {%alt:ない} あ !

247 546.253-547.359 IMU: 名前でも呼んでない ///

248 547.359-548.65 IMU: ていうか {%alt: てか} 何も呼んでない {%act: laugh} ///

249 548.65-557.241 IMU: なんか / "ねえ" <みたいな感じで &や [/] 済ましてた> ///

250 548.65-557.241 SUG: [<] <そう /// なんかあたしも -> 最> 初 -> / あのう / ドイツ -> の友達の家に <行った>

251 548.65-557.241 IMU: [<] <うん> ///

252 548.65-557.241 SUG: ときに -> // あのう -> / あっちもすごいまりって呼んでくれ / て +

253 557.241-558.069 IMU: まあそれは -> ...

254 558.069-564.192 IMU: <うん> ///

255 558.069-564.192 SUG: [<] <うん> / それは普通 <で ->> //

256 558.069-564.192 IMU: [<] <うん> ///

257 558.069-564.192 SUG: でもあたしは -> / あっちに対してなんか // 名前で &ss すぐに呼べなかった ///

258 564.192-565.477 SUG: なんか抵抗があってなん <か> +

259 564.192-565.477 IMU: [<] <え> ?

260 565.477-566.976 IMU: 名前で呼んでって言われたの ?

261 566.976-571.141 SUG: いや名前で呼んでっていうかそういう説明もないぐらい名前で呼ぶことが当たり前 ?

262 571.141-571.744 IMU: あほんま ?

263 571.744-572.339 SUG: うん ///

264 572.339-577.846 IMU: え / み -> んな周りの -> / その子の友達はその子の親を / 名前で呼んでるん <や> ///

265 572.339-577.846 SUG: [<] <うん> ///

266 577.846-578.9 IMU: へえ -> ///

267 578.9-583.817 SUG: だから -> なんか # もう今は -> / 名前で呼べるけど -> /

268 578.9-583.817 IMU: うん ///

269 583.817-602.078 SUG: 最初のうちは呼べなくて {%alt: なくって} // でもなんか自分の中でコミュニケーションの第一段階として -> / 名前を呼び合わないと -> / いい関係は保てないっていう -> / <なんか {%act: laugh} 理論が構築されてて> -> //

270 583.817-602.078 IMU: [<] <うんうん> ///

271 583.817-602.078 SUG: だからすごい名前を / 呼びたいっていうかこう / 呼びかけるときに -> // なんかいつも {%alt: いっつも} -> / hi {%com: English} とか / そういう風にはしたくなかったんね ///

272 602.078-606.422 IMU: ああ <->> !

273 602.078-606.422 SUG: [<] <でも / だから> っていって / なんか // お母さんとか言えないじゃん {%act: laugh} ///

274 602.078-606.422 IMU: うんうん ///

275 606.422-608.424 SUG: お母さんじゃないし <hhh {%act: laugh}> ///

276 606.422-608.424 IMU: [<] <うんうんうん> ///

277 608.424-610.437 SUG: だから頑張って / 名前呼ぶようにして ///

278 610.437-625.313 SUG: で -> なんか / この間スペイン人の友達の家に行ったときも -> / そのお父さんとお母さんの名前も / 一応一所懸命 [///] なんか最初はすごい照れくさいんだけど -> //

279 610.437-625.313 IMU: うん ///

280 610.437-625.313 SUG: どんどん呼ぶようにしたら / ちゃんと呼べるし -> //

281 610.437-625.313 IMU: <へえ ->> !

282 610.437-625.313 SUG: [<] <あとなんか / スペイン語で> 困るのは -> /

283 610.437-625.313 IMU: うん ///

284 610.437-625.313 SUG: túで言うかusted で言うかがすごい困る ///

285 625.313-626.675 IMU: ああ -> !

286 626.675-629.756 IMU: あたし [///] あそう -> / やんね / 確か <に> ///

287 626.675-629.756 SUG: [<] <うん> ///

288 629.756-652.886 IMU: でも -> // あたし -> その -> # 大学ではさあ / なんか &す [/] スペイン -> では / 基本的にまあ一応tú を &つか [///]

289 629.756-652.886 SUG: <hhh {%act: assent}> ///

290 629.756-652.886 IMU: [<] <結構> tú を [///] tú が -> なんか / メインみたいな感 <じで>

291 629.756-652.886 SUG: [<] <hhh {%act: assent}> ///

292 629.756-652.886 IMU: 習ってて -> // でこっち来て -> // で先生どうしようかなあって思ってたんだけど周りのクラスの / 人たちが / 先生に対してusted 使ってて //

293 629.756-652.886 SUG: うん / そうそう ///

294 629.756-652.886 IMU: "あ / なんだ /// 先生はやっぱusted なんだ" / <と思って> ///

295 629.756-652.886 SUG: [<] <ね> !

296 652.886-660.357 SUG: なんかあたしも -> // 最近やっぱ後期になって -> //

297 652.886-660.357 IMU: うん ///

298 652.886-660.357 SUG: だんだん / クラスにも馴染んで -> /

299 652.886-660.357 IMU: うん ///

300 652.886-660.357 SUG: 先生とも話す機会増えるじゃん ///

301 652.886-660.357 IMU: うん ///

302 660.357-666.977 SUG: でもそのときにいつも {%alt: いっつも} /[/] tú で話してるから -> // たまに先生に対してもtú で話しちゃって / <"あ !" とか>

303 660.357-666.977 IMU: [<] <hhh {%act: understand}> ///

304 660.357-666.977 SUG: 思って ///

305 666.977-669.139 IMU: xxx {%alt:まあ} / そうやん <ね hhh {%act: laugh} /// あたし> +

306 666.977-669.139 SUG: [<] <そう ///

307 669.139-673.036 SUG: でなんか> // "どうやって聞こえてるんだろう" ってすごい興味津々だけど ///

308 673.036-684.262 IMU: まあでもそれは -> <やっぱ>

309 673.036-684.262 SUG: [<] <愛嬌> +

310 673.036-684.262 IMU: うちら -> / あ <のう> /

311 673.036-684.262 SUG: [<] <hhh {%act: understand}> ///

312 673.036-684.262 IMU: スペイン人じゃないっていうの分かってるし -> //

313 673.036-684.262 SUG: そうだよね ///

314 673.036-684.262 IMU: ま / 毎回ずうっとtú で -> / 話してたら [///] túで話しててもたぶんそんな問題ない気がする ///

315 684.262-686.68 SUG: なんか <でも> //

316 684.262-686.68 IMU: [<] <あんの> かなあ ///

317 684.262-686.68 SUG: 疑問なのは -> //

318 684.262-686.68 IMU: うん ///

319 686.68-694.058 SUG: たぶん -> // usted で {%com: noise} 話したりtú で話したり -> // 交互にしちゃうと / そのうち誰の事話してるのかわからなくなるんじゃないかと思って / 相手が ?

320 694.058-696.997 IMU: <hhh {%act: laugh} /// どうなん ? それはそう> [///]

321 694.058-696.997 SUG: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

322 696.997-697.917 IMU: あああるかもねえ ///

323 697.917-700.192 IMU: ああ確かにそれはあるかもね ///

324 700.192-704.134 IMU: でもあたし{%com: た is hardly heard} だからいつもusted 使うときは -> なんか // tú -> [///] あ !

325 704.134-707.227 IMU: なんかusted はさ -> / 彼彼女もあるやん <か ->> ///

326 704.134-707.227 SUG: [<] <うんうん> うん ///

327 707.227-710.178 IMU: だからあたしusted 使うときはいつも {%alt: いっつも} // usted って言っちゃう ///

328 710.178-718.579 IMU: もう <言って / 分かるようにしてる>

329 710.178-718.579 SUG: [<] <hhh {%act: click} ああ ->> ///

330 710.178-718.579 IMU: なんか向こう [///] まあ &み [/] 向こう -> はスペイン人だから &わ <か [///] それ言わなく>

331 710.178-718.579 SUG: [<] <うん ->> ///

332 710.178-718.579 IMU: ても分かんのかもしれないけどま自己満的に hhh {%act: sniff} //

333 710.178-718.579 SUG: あ / <"あなたに言ってますよ ->" っていう &こ = ああ ->>

334 710.178-718.579 IMU: [<] <自己満として = そう ///

335 718.579-723.527 IMU: "あなたに言ってますよ" っていう> のをアピールするために // "usted / 何々何々 ?" みたいな / <感じで>

336 718.579-723.527 SUG: <ああ> ///

337 718.579-723.527 IMU: とか ///

338 723.527-727.726 SUG: でもなんか = そうなんだ [///] あたしは -> // 全然usted って言わないな ///

339 727.726-728.731 IMU: hhh {%act: understand} ///

340 728.731-733.251 SUG: たぶんでもゆかメキシコとか行ったことあるから / かな / そういうの言うの xxx {%alt:は} {%com: whispering} ///

341 733.251-735.6 IMU: いや = えどうだろう [///] メキシコどうだったっけな ///

342 735.6-739.762 IMU: +

343 735.6-739.762 SUG: [<] <メキ> シコってさ -> // あなたって言うときにtú -> 使うじゃん [///] ああ !

344 739.762-740.876 SUG: usted 使うじゃん ///

345 740.876-747.352 IMU: あれそう &だ [///]/ でも国によって [///] ラテンアメリカはめっちゃ国によって違うくって -> //

346 740.876-747.352 SUG: あそう <なの> ?

347 740.876-747.352 IMU: [<] <で> メキシコ覚えてない ///

348 747.352-754.522 IMU: なんかすごい覚えてんのは -> / エルサルバドル -> は -> // 確か -> // 君に対して / vosotros を使う ///

349 754.522-755.437 SUG: &あるぜんち +

350 755.437-756.29 IMU: アル <ゼンチンもそうか> ///

351 755.437-756.29 SUG: [<] ///

352 756.29-761.45 IMU: なんかそんな [///] だからいろいろややこしくて = メキシコどうだったかな [///] でもメキシコは -> / tú で話してたよ / 普通に ///

353 761.45-764.27 SUG: あ <ほんとに> ?

354 761.45-764.27 IMU: [<] <ま向こうが> あたし に / 合わせて {%alt: 合わして} くれてたん <かもしれん>

355 761.45-764.27 SUG: [<] <ああ> ///

356 761.45-764.27 IMU: けど ///

357 764.27-764.875 SUG: そうなんだ ///

358 764.875-768.855 SUG: 同じクラスの &ひ [/] 人は -> //

359 764.875-768.855 IMU: うん ///

360 764.875-768.855 SUG: usted って言う //

361 764.875-768.855 IMU: あ !

362 764.875-768.855 SUG: あたしに ///

363 768.855-769.872 IMU: そうだそうだ 間違えた ///

364 769.872-770.271 IMU: うそだ ///

365 770.271-772.176 IMU: tú -> の代わりにusted 使って /

366 770.271-772.176 SUG: うん ///

367 772.176-775.023 SUG: だか <ら>

368 772.176-775.023 IMU: [<] <た> !

369 772.176-775.023 SUG: 最初 / "usted"って言われて //

370 772.176-775.023 SUG: "hhh {%act: surprised}" // だね ///

371 775.023-776.797 SUG: <hhh {%act: laugh} "あたし"> ?

372 775.023-776.797 IMU: [<] <hhh {%act: assent}> ///

373 776.797-784.689 IMU: あそう / 言ってたな <んか ->> +

374 776.797-784.689 SUG: [<] <でも> / アルゼンチン人 {%alt: アルゼンチ人} / の女の子は -> / "vos vos" て言ってて // "え ??

375 776.797-784.689 IMU: <うん -> &い = hhh {%act: laugh}> ///

376 776.797-784.689 SUG: [<] <何 ? vosって何 ?" みたいな> hhh {%act: laugh} ///

377 784.689-786.463 IMU: あれややこしいよね / ほんま ///

378 786.463-787.099 IMU: あ !

379 787.099-788.141 IMU: そうだそうだ ///

380 788.141-788.906 IMU: &そ [///] 思い出した ///

381 788.906-792.091 IMU: &す [/] メキシコ人の友達がそういえば / その -> スペイン語 ?

382 792.091-805.5 IMU: この <カスティーリャ {%alt: Castilla}>

383 792.091-805.5 SUG: [<] <うん ->> ///

384 792.091-805.5 IMU: 語は -> // 相手に対して / tú を使うから -> / メキシコのその -> スペイン語 / こう / 相手に対して / usted を使う方が -> // なんか = 何だろう [///] "教養があって素敵だわ" / 的なことを -> / <前言ってたん>

385 792.091-805.5 SUG: [<] <hhh {%act: understand}> ///

386 792.091-805.5 IMU: 思い出した ///

387 805.5-805.874 IMU: そうだ ///

388 805.874-808.04 IMU: だからusted 使っ / <てるん>

389 805.874-808.04 SUG: [<] <なるほど> ///

390 805.874-808.04 IMU: だろうね ///

391 808.04-812.407 SUG: <じゃメキシコの人> +

392 808.04-812.407 IMU: <でもあたしに対しては> //

393 808.04-812.407 SUG: うん ///

394 808.04-812.407 IMU: ていうか {%alt: てか} たぶん / 友達 -> では /{%com: noise} なのかな ///

395 812.407-813.656 SUG: ああ / <そうなのかなあ> ///

396 812.407-813.656 IMU: [<] <すごい仲いい> ///

397 813.656-814.381 IMU: たぶん ///

398 814.381-817.108 IMU: 分からん // あたしに対しては / tú だった ///

399 817.108-817.574 SUG: ああ ///

400 817.574-818.538 IMU: あたしに合わせてたのかな ///

401 818.538-819.198 SUG: そうなんだ ///

402 819.198-827.063 IMU: <うん> ///

403 819.198-827.063 SUG: [<] <まりの> -> &す [/] メキシコ人の -> あのう // おんなじクラスの男の子は // usted で [///]

404 819.198-827.063 IMU: ずっ <と> ?

405 819.198-827.063 SUG: [<] <た> まに話す / usted で ///

406 827.063-827.838 IMU: へえ -> ///

407 827.838-828.322 SUG: そう ///

408 828.322-830.843 IMU: <へえ>

409 828.322-830.843 SUG: [<] <うん> ///

410 828.322-830.843 IMU: -> ///

411 830.843-836.161 SUG: だから -> / すごいなんか -> = 何だろう [///]

412 830.843-836.161 IMU: それ -> +

413 830.843-836.161 SUG: [<] <"ああ> / やっぱり違うなあ" って <思う> ///

414 830.843-836.161 IMU: [<] <うん> -> ///

415 836.161-838.365 IMU: あでもその人は直さないんや ///

416 838.365-842.775 IMU: もう &な [///] もうそれは &mm = 何だろう [///] あ直さないんか ///

417 842.775-851.294 SUG: なんかでも <直すって>

418 842.775-851.294 IMU: [<] <別にこっちに来て> +

419 842.775-851.294 SUG: いうか // なんかたぶん東京 -> 弁と大阪弁っていうか //

420 842.775-851.294 IMU: ああ -> <そうなの> ?

421 842.775-851.294 SUG: [<] <たぶんそういう> ことじゃ xxx {%com: whispering} 例えば通じるし -> ///

422 851.294-852.208 IMU: あまあ ///

423 852.208-852.853 IMU: そっか ///

424 852.853-853.14 SUG: うん ///

425 853.14-854.688 IMU: でも -> &う [///] あまそっか ///

426 854.688-855.94 IMU: まあ確かに通じるか ///

427 855.94-858.011 IMU: でもvosotros ちょっと {%alt: ちょと} ややこしすぎへん ?

428 858.011-860.344 SUG: &mm までもそういう文化だからね ///

429 860.344-860.935 IMU: ううん ///

430 860.935-862.808 IMU: あでも -> / ああ / だからその [///] あ !

431 862.808-866.526 IMU: エルサルバドルの友達があたしと話すときは / tú に直してくれてたずっと ///

432 866.526-867.155 SUG: ああ -> ///

433 867.155-870.324 IMU: たぶん // 絶対切り替えれるやん / <母語やから> ///

434 867.155-870.324 SUG: [<] <hhh {%act: assent}> ///

435 870.324-870.956 SUG: 確かに ///

436 870.956-872.61 IMU: でこっちじゃ切り替えないんかね ?

437 872.61-873.978 SUG: どうなんだろう {%alt: だろ} ///

438 873.978-874.805 IMU: いや -> ///

439 874.805-876.712 SUG: でも / あんまり {%alt: あんま} 不便してないから大丈夫 ///

440 876.712-877.983 IMU: hhh {%act: laugh} ///

441 877.983-878.549 IMU: そうか {%alt: そっか} ///

442 878.549-879.582 SUG: うん -> ///

443 879.582-880.268 SUG: そうか {%alt: そっか} ///