Sonido

High school


<Header>
<Title> High school </Title>
<File> jmn06 </File>
<Participants>
<Speaker>
<ShortName> man </ShortName>
</Speaker>
<Speaker>
<ShortName> woman </ShortName>
</Speaker>
</Participants>
<Date> 13/01/2010 </Date>
<Place> Tokyo </Place>
<Situation> monologue at a waiting room </Situation>
<Topic> High school and university </Topic>
<Source> C-ORAL-ROM </Source>
<Class Type1="informal" Type2="private" Type3="monologue" />
<Length> 11’ 18’’ </Length>
<Characters> 14.939 </Characters>
<Acoustic_quality Type="B" />
<Transcriber> C. Kimura </Transcriber>
<Revisor> K. Matsui </Revisor>
<Comments>  </Comments>
</Header>

1 0-3.297 HIR: 自分 / 史か {%act: laugh} ///

2 3.297-14.662 HIR: ええとまあでも小学校の時ってあんまり覚えてない -> んだけど //

3 3.297-14.662 INT: hhh {%act: understand} ///

4 3.297-14.662 HIR: 小学校の時はやっぱりでも / 遊んでた / かな {%act: laugh}っていう <感じ>

5 3.297-14.662 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

6 3.297-14.662 HIR: が ///

7 14.662-34.787 HIR: と後でも // 三年か四年の時に /

8 14.662-34.787 INT: hhh {%act: understand} ///

9 14.662-34.787 HIR: その時の友達に / ソフテニ [/]ソフトテニス誘われ / たのがその {%alt: そん} 時で /

10 14.662-34.787 INT: hhh {%act: understand} ///

11 14.662-34.787 HIR: まあ今やソフトテニスもう十三年ぐらいかれこれやっているけど /

12 14.662-34.787 INT: hhh {%act: understand} ///

13 14.662-34.787 HIR: まあそれとの出会いがあったのが小学生の時かなっていう ///

14 34.787-52.872 HIR: でも他にはそん-> なになんか今ぱっと思いついて {%act: laugh} 喋れることが / ない気がするので -> あでも五年 -> の時に移動教室で日光 / 行っ <て ->>

15 34.787-52.872 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

16 34.787-52.872 HIR: ま六年の {%alt: ん} 時には京都奈良に /

17 34.787-52.872 INT: hhh {%act: understand} ///

18 34.787-52.872 HIR: 修学旅行行ったかなと ///

19 52.872-55.589 HIR: それぐらい -> か <な> ?

20 52.872-55.589 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

21 52.872-55.589 HIR: 小学校は ///

22 55.589-83.575 HIR: で中学 -> / 入っ / たらもうやっぱ = 何て言うか [///] 生活の / 中心は / ソフテニソフテニ / <部活か部活>

23 55.589-83.575 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

24 55.589-83.575 HIR: 部活で // まあなんかしかも顧問の先生が毎年変わるっていうなかなか激動の時代を /

25 55.589-83.575 INT: hhh {%act: surprised and laugh} ///

26 55.589-83.575 HIR: やってて / 一年の時はすごい / 緩々だったからそんなにやってなかったんだけどまあ二年から / 若干厳しくなって // まあ / その分実力もつきましてって <いう> *INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

27 55.589-83.575 HIR: 感じだったけど ///

28 83.575-90.391 HIR: でも / そうねやっぱ中学生活は部活部活部活かなあ -> っていう ///

29 90.391-96.444 HIR: まあでもその部活の友達はやっぱ今もつながりがあったり <してね> /

30 90.391-96.444 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

31 90.391-96.444 HIR: 結構 / 仲良いから ///

32 96.444-133.261 INT: hhh {%act: understand} ///

33 96.444-133.261 HIR: 他に中学 / 中学 // ああ / そうかで普通にまあ公立高校行こうと思って -> / でもなんかちょうどその年 / にあの国分寺高校 -> の学区が無くなって / で <学区制> [/]

34 96.444-133.261 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

35 96.444-133.261 HIR: 東京学区制っていうのがその第一学区第二 <学区>

36 96.444-133.261 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

37 96.444-133.261 HIR: 第三学区から

38 96.444-133.261 INT: hhh {%act: understand} ///

39 96.444-133.261 HIR: = 何学区 / 十学区ぐらいまであって学区外からだとなんか枠が決まってて [///] ていうので / そうそうそうそう /

40 96.444-133.261 INT: hhh {%act: laugh} ///

41 96.444-133.261 HIR: っていうのがなんか国分寺は無くなった /

42 96.444-133.261 INT: hhh {%act: understand} ///

43 96.444-133.261 HIR: 年が / なんか男女枠も無くなっ / たのかな ?

44 96.444-133.261 INT: hhh {%act: understand} ///

45 96.444-133.261 HIR: その年に ///

46 133.261-136.99 HIR: っていうのがあって [///] = あと何でそこにしたんだっけ ///

47 136.99-159.032 HIR: なんか立高 {%alt: たちこう} [/] 立川高校は自分の学区の / 一番上の / 都立だったんだけど /

48 136.99-159.032 INT: hhh {%act: understand} ///

49 136.99-159.032 HIR: 文化祭がつまんなそう{%act: laugh} <だったから > ///

50 136.99-159.032 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

51 136.99-159.032 HIR: なんか / 展示発表みたいのしかやらないところで // だからじゃあ / なんか / 楽しそうなところ行きたいなあ <と思って> /

52 136.99-159.032 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

53 136.99-159.032 HIR: まあそれで国分寺高校に / hhh {%act: sniff} / 入ったという / 感じで / まあ {%alt: ま} 小中があっという間に終わってしまったんで {%act: laugh} ///

54 159.032-200.198 INT: hhh {%act: understand} ///

55 159.032-200.198 HIR: でも高校 -> は = そうか / でもまあ高校入っ <て> //

56 159.032-200.198 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

57 159.032-200.198 HIR: その {%alt: そん} 時に / あの部活動どうしようかなってすごい / ちょっと悩んで / すごいちょっと / 悩んで {%act: laugh} /

58 159.032-200.198 INT: hhh {%act: understand} ///

59 159.032-200.198 HIR: hhh {%act: laugh} /

60 159.032-200.198 INT: hhh {%act: understand} ///

61 159.032-200.198 HIR: hhh {%act: laugh} / あのまあソフトテニス続けようかなあっていうのと /

62 159.032-200.198 INT: hhh {%act: understand} ///

63 159.032-200.198 HIR: なんか硬式 -> が中学の時は無かったから / ここでやっぱメジャーな硬式の / 方に移った方が良いんじゃないかなあ <とか> /

64 159.032-200.198 INT: [<] < hhh {%act: understand}> ///

65 159.032-200.198 HIR: 思ったんだけ <ど> /

66 159.032-200.198 INT: [<] < hhh {%act: understand}> ///

67 159.032-200.198 HIR: なんか / その / 入学数日後に // &な -> ん [/] なんか別のクラスから / 一人やって来て /

68 159.032-200.198 INT: hhh {%act: understand} ///

69 159.032-200.198 HIR: “ああ君 / たじま君だよね” とか言われ <て>

70 159.032-200.198 INT: [<] < hhh {%act: understand}> ///

71 159.032-200.198 HIR: “え / いや / そうだけど” って言って / “よろしく!

72 200.198-201.127 HIR: ソフテニ頑張ろうぜ!

73 201.127-219.302 HIR: ”っていきなり <言わ>

74 201.127-219.302 INT: hhh {%act: understand} ///

75 201.127-219.302 HIR: れて{%act: laugh} / まあ {%alt: ま} 誰か / ってまあ {%alt: ま} 別にそんな知り合いじゃなかったんだけどなんか都大会とかで中学の時に会ったことがある // やつで / まあ / なんかそうやって誘われてじゃあ / ソフテニやるかあみたいな感じで結局高校は / ソフテニを / 続けて / いました ///

76 219.302-221.249 INT: hhh {%act: understand} ///

77 219.302-221.249 HIR: うん ///

78 221.249-252.518 HIR: で [/] で一年の {%alt: ん} 時は / なんか / うん / だいぶ本当に大人しくしていたから {%act: laugh} / あ -> んまり &ぶ [/] クラス全体とは仲良く -> なく -> 仲悪かったわけじゃないけど -> そんなに仲良くもなく / 一部のグループでなんかちょっと / こじんまりとやっていた感じだったからあんまり -> ぶっちゃけ高一の記憶は / ないというか / そんなに楽しかったとは <思わないと言うか {%act: laugh}> ///

79 221.249-252.518 INT: [<] < hhh {%act: laugh}> ///

80 221.249-252.518 HIR: hhh {%act: laugh} ///

81 221.249-252.518 INT: hhh {%act: understand} ///

82 252.518-300.187 HIR: なんだけどなんかまあ / うちの / 高校の文化祭一年があんまりやれることがなくて /

83 252.518-300.187 INT: <hhh {%act: understand}> ///

84 252.518-300.187 HIR: [<] <なんか> 二年は /

85 252.518-300.187 INT: hhh {%act: understand} ///

86 252.518-300.187 HIR: ええと四クラス [/] 八クラス中四クラスまでは二クラスが食堂 -> 二クラスが喫茶 / って飲食ができるんだけ <ど ->> /

87 252.518-300.187 INT: [<] < hhh {%act: understand}> ///

88 252.518-300.187 HIR: 一年は特に何も {%alt: なんも} ないから / なんかわざわざレクリェーション考 えて [///] とい / たりとか / 出し物考えたりとかしなくちゃいけなくて /

89 252.518-300.187 INT: hhh {%act: understand} ///

90 252.518-300.187 HIR: あんまりクオリティが高くならないから / そんなに / 文化祭も / 盛り上がらず /

91 252.518-300.187 INT: hhh {%act: understand} ///

92 252.518-300.187 HIR: っていう感じで /

93 252.518-300.187 INT: hhh {%act: understand} ///

94 252.518-300.187 HIR: まあ {%alt: ま} 合唱祭も中学校の延長みたいな感じだからあんまり / ねえ / 上 手くないし頑張らないしみたいな感じで //

95 252.518-300.187 INT: hhh {%act: understand} ///

96 252.518-300.187 HIR: 高一は / そんな感じで微妙に / 終わったかなって ///

97 300.187-331.199 HIR: で高二に {%alt: ん} なる時にそう / あの文系か理系を決めなきゃいけなかったんだけど // その時に -> なんかその段階で自分が / 考えていたのが / まあなんか / その頃から英語が / &ss [/] 好きだったっていうかまあ英語ができ / たから / まあなんか外国語学部っていうかなんか英語を勉強する -> の // あともう一個薬学 // 何でか分かんないけど / 何でか分かんないけど {%act: laugh} じゃないけど / なんか / 将来性があったんだよね確かその <時は> ///

98 300.187-331.199 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

99 331.199-387.859 HIR: とあと一年遅れるともう薬学部はなんか六年制になっちゃうけど / その / 時 <だと ->最後の> /

100 331.199-387.859 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

101 331.199-387.859 HIR: 四年制だったから / 薬学かあ /

102 331.199-387.859 INT: hhh {%act: understand} ///

103 331.199-387.859 HIR: 外国語かあ / みたいな感じで悩んでて / じゃあいいやとりあえず理系行こうって / あとで文転はできる {%act: laugh} から <理系にしよう>

104 331.199-387.859 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

105 331.199-387.859 HIR: と <思って> /

106 331.199-387.859 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

107 331.199-387.859 HIR: なんか二年のクラス替えの時には / 結局理系を / 選んで /

108 331.199-387.859 INT: hhh {%act: understand} ///

109 331.199-387.859 HIR: 進んだら -> // なんか / その / 年 - > だけというかその代だけ [///] あの全部で八クラスあるんだけど / 一組から四組が / 文系 / 五組と六組が / 文理混合 / 七組と八組が {%act: laugh} なんだか純粋の理系 / だけになって /

110 331.199-387.859 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

111 331.199-387.859 HIR: 八組 // 入ったんだけど / もうなんか周りがもうみんな真面目で {%act: laugh} [///] 真面目でって言うか大人しいって言うか /

112 331.199-387.859 INT: hhh {%act: understand} ///

113 331.199-387.859 HIR: なんかもう周りのクラスから -> 休み時間に来るとびっくりされるぐらい ///

114 387.859-398.58 HIR: 休み時間でも勉強してく [///] るよう <な>

115 387.859-398.58 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

116 387.859-398.58 HIR: 人が /

117 387.859-398.58 INT: hhh {%act: understand} ///

118 387.859-398.58 HIR: 高二の段階からいて /

119 387.859-398.58 INT: hhh {%act: laugh}>///

120 387.859-398.58 HIR: なかなか // これは↑っていう感じだったけど最初は ///

121 398.58-413.107 HIR: でもまあ // うん / うんだから最初はすごい / 戸惑ったと言うか / なんか / 部活の友達も何人かいたから // 何このクラス↑ みたいな <ことを>

122 398.58-413.107 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

123 398.58-413.107 HIR: すごい / 言ってた記憶はある ///

124 413.107-417.565 HIR: けどまあ / 最終的に / まあ楽しかったんだけどね ///

125 417.565-494.252 HIR: で / 高二の {%alt: ん} 時は / それで文化祭が // あの / 食堂 / 二つと喫茶二つまでっていうのがあるんだけど / <みんな大体>

126 417.565-494.252 INT: [<] <hhh {%act: clearing of throat}> ///

127 417.565-494.252 HIR: 高二の {%alt: ん} 時はそれをやりたがるから /

128 417.565-494.252 INT: hhh {%act: understand} ///

129 417.565-494.252 HIR: なんかプレゼンみたいなのをして / なんか / 食堂できるクラスを選ぶ / んだけど / まあそれでうちのクラスが見事食堂になって / hhh {%act: sniff} / うどんを売るみたいな話になったんだけど -> / そんな中俺は文化祭実行委員にされてしまって /

130 417.565-494.252 INT: hhh {%act: understand} ///

131 417.565-494.252 HIR: さらになんか備品係 / っていう ->

132 417.565-494.252 INT: hhh {%act: laugh}///

133 417.565-494.252 HIR: のをやらされてそれがまたねえ / すごい / 大変な / hhh {%act : laugh} /

134 417.565-494.252 INT: hhh {%act: laugh} ///

135 417.565-494.252 HIR: 仕事で / まあ / なんか学校に机と椅子が全部何個あるのかとか / まそれを把握して -> あとなんか特殊教室には -> その担当の先生の {%alt: ん} とこ行って -> / “すいません / 使わしてください”って言って -> / ってするのを全部なんか夏休み中に [///] だから / 先生の {%alt: ん} とこ周って / お願いして / でもなんか “毎年みんな傷つけてくるからねえ / 今年はもう使わせないようにしようと思うんだよ <ねえ” とか言う先生も>

136 417.565-494.252 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

137 417.565-494.252 HIR: いたり /

138 417.565-494.252 INT: hhh {%act: understand} ///

139 417.565-494.252 HIR: する中 / まあ [///] で頼んだりして / 全部 / 学校のなんか文化祭に使える備品をまず数える / のよ ///

140 494.252-549.636 HIR: あと暗幕もなんか倉庫から出して /

141 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

142 494.252-549.636 HIR: 百十何枚だったけど / とりあえず一回干しなさいっていうからそれを全部ばあ -> {%act: onomatopoeia} って外に並べて <干したりもして > /

143 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

144 494.252-549.636 HIR: で / そこまではいいんだけどそのあと /

145 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

146 494.252-549.636 HIR: 各団体から / その “椅子が何個使いたいです <机が>

147 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

148 494.252-549.636 HIR: 何個 <使いたいです”>

149 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

150 494.252-549.636 HIR: っていうのが出てくるから /

151 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

152 494.252-549.636 HIR: それをまあ数 / 合わせるの / と -> / あと当日っていうか前日か [///] 前日の / 準備日の時に / どこのクラスから / ここに椅子と机を何個動かすみたいなのを全部こう / 図にしてって言うか表にして書いて // っていうのを考えなくちゃまたいけなくて / でそういうことをやっているとどんどん後から後からもうちょい欲しいんですけどっていうやつが当然出てき <て> /

153 494.252-549.636 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

154 494.252-549.636 HIR: “机があと何個足りません” / <みたいな> /

155 494.252-549.636 INT: hhh {%act: understand} ///

156 494.252-549.636 HIR: “暗幕もっと無いですか” みたいなのが出てきて // なんかねえ / すごい / 大変だった {%act: laugh} ///

157 549.636-600.848 HIR: なんか / それ // 後にも先にも / ストレスで胃が <痛くなったのが初めて>

158 549.636-600.848 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

159 549.636-600.848 HIR: で / で文化祭の &ふつ [/] <二日>

160 549.636-600.848 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

161 549.636-600.848 HIR: 前かな三日前かなあ // ぐらいになんかもう食後必ず胃が痛くなる <ように>

162 549.636-600.848 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///<561029

163 549.636-600.848 HIR: なっちゃって / それはもう / 多分その係の / ストレスのせいだと今でもずっと<思ってるんだけど> //

164 549.636-600.848 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

165 549.636-600.848 HIR: まあでもなんか / その後 {%alt: あと} / 終わった後担当の先生に / まあなんか例年以上にちゃんとしていて / 良かったですみたいなことを <言われて> /

166 549.636-600.848 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

167 549.636-600.848 HIR: まあまあじゃあ良かったかなあみたいな感じはあったけど / いやだからあんまりクラスの方のに参加できてなくて // うん / まあでも当日は // キッチンじゃないけど= 何だ / 裏で / 作る / 側で一応やってはいたんだけどなんか準備段階にあんまり / 入れなかったから / ちょっとそれは寂しかったなっていう / のは // あったかな ///

168 600.848-629.544 HIR: でそううちは / その文化祭っていうかまあそういうのが全部木漏れ日祭って呼ばれてて / 文化祭と合唱祭と体育祭をなんか一週間のうちにまとめて全部 / やっちゃうとこな <んだ>

169 600.848-629.544 INT: [<] <hhh {%act: understand} > ///

170 600.848-629.544 HIR: けど / 一番最初は合唱祭かな / で文化祭やって最後は体育祭だと思うんだけど / hhh {%act: sniff} / 高二の時の合唱祭は // ああ / まあ // なんか / 前半はひどかった ///

171 629.544-632.543 HIR: ってかやっぱ男が練習しないんだよね {%act: laugh} ///

172 629.544-632.543 INT: hhh {%act: understand} ///

173 632.543-649.028 HIR: 朝練とかすると -> あんまり人は来ないし[///] 俺はちゃんと行ってたんだけど <ね> /

174 632.543-649.028 INT: [<] <hhh {%act: understand}> / <hhh {%act: laugh}> ///

175 632.543-649.028 HIR: [<] <行ってた> んだけどね [///] 来ないし / なんかあんまり真面目にやらない {%alt: やんない} しでほんとぎりぎりまでどうなるかと思ったけど [///] ってかまあ当然けんかみたいなのも起きるしね / 女子とね ///

176 649.028-651.165 HIR: hhh {%act: understand} ///

177 651.165-659.46 HIR: だけどまあ最終的に [///] &ah 高二 の{%alt: ん} 時は / 何歌っ / たん / だっけ?

178 659.46-683.303 HIR: 高二 /// 分かった [///] 分かったけど [///] hhh {%act: sniff} そうまあ高二の{%alt: ん} 時は / 最終的に -> は / 何とか形にはなっ / たかなっていうレベル {%act: laugh} / むしろだから / なんか / 一週間ぐらいまでは [/] 前までは / 合唱祭出たくない感じだっ / たんだけど / まあね / ぎりぎりになるとみんなが頑張って / 何とかなったかなっていう感じだったけど ///

179 683.303-696.436 HIR: で高二の{%alt: ん} 時はまあそんなに木漏れ日祭は / いやまあ楽しくなくはなかったけど / まあれかなあ / そんな / 最高でもなかったかなっていう {%act: laugh} / 感じかな ///

180 696.436-748.307 HIR: で // 高二 / 高二 / 高二 // でももういいや / 高三 / hhh {%act: laugh} / でその高三 -> になる前に / なんか最終的にやっぱ進路 / 決めなきゃ / まずいなあというあれになって / だから薬学 / か外国語か / みたいなのでずっと悩んでて / でもなんか調べてみると / 薬学ってあんまり国立になくて / 多分この辺だと東大か千葉大↑ とか / = なのかな↑ [///] になって / しかも国立で理系受けようとすると数III Cが必要になって / くるんだけど / 数ⅢCまでやっちゃうと / 今度は私立 / 併願する際に / なんか / 私立の薬学部は / 数III Cいらない ////

181 748.307-787.685 HIR: 数I / II B化学生物とかでできるから / なんか / 受験形態として // 公立のそういうところを受けちゃうと / 併願するときに / なんか / 理工学部とかそういうところになっちゃう / みたい -> なことを確か先生に言われて / うわ / 理工学部は絶対嫌だしなあ xxx かといって / なんか国立にし [///] 一本に絞るのも怖いし / 最初っから 私立 {%act: laugh} 行くのも嫌だし / って言って / なんかじゃあやっぱ外国語の方に / 進もうかなあと / 思って / 結局それ {%alt: そん} 時は文 [///] それで文転したのかな ///

182 787.685-789.252 HIR: うん ///

183 789.252-824.483 HIR: でもなんか文 / 転は文転でやっぱ純粋理系クラスだったから -> まあ {%alt: ま} あんまり周りに文系の科目を勉強している / あれはいなかったし / 世界史とかも / そう二年の時に / 先生があの / “どうせお前ら理系だから世界史いらねえだろ”っていう <先生で> /

184 789.252-824.483 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

185 789.252-824.483 HIR: ちゃんとなんか &じ [/] そんな受験に役立つ授業をやってくんない先生 <だった>

186 789.252-824.483 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

187 789.252-824.483 HIR: から / すごい焦ってて /

188 789.252-824.483 INT: hhh {%act: understand} ///

189 789.252-824.483 HIR: まあ {%alt: ま} でもそのクラスで三人ぐらい / 確か文転したのがいて / まあなんか “世界史やばいよねえ” みたいなこと言いながら / やってたんだけど ///

190 824.483-846.248 HIR: でもうクラスは / うんそれで / あ二年と三年の間がクラス替えがないから / もう二年目ともなればだいぶ / 気が楽にというか / だいぶ仲良くなっている <感じで> /

191 824.483-846.248 INT: [<] < hhh {%act: understand}> ///

192 824.483-846.248 HIR: あれだったんだけど / うん / とりあえずはなんか / 世界史が面倒だったなっていう / 記憶が ///

193 846.248-861.082 HIR: で / 最後の / その木漏れ日祭が三年は劇をやることに / なってるので / 劇を / まあ / やっ /[///] やって / 出た hhh {%act: laugh} / 役としてね ///

194 861.082-886.579 INT: hhh {%act: laugh} ///

195 861.082-886.579 HIR: でも結構 // うん / 準主役級のキャラだったから // うん / いろいろと練習も出なきゃまず / かったし -> / まあ {%alt: ま} 合唱祭の練習もあるし / で体育祭の応援団の練習もあるし -> / 結構夏休みは忙しくて // で予備校にも行ってたから / なんかすごい / 夏休みはやばい忙しかった ///

196 886.579-905.486 HIR: &いったい [/] 一回 / 午後一ぐらいの予備校の授業出て / 午後 / 歌練 -> / か劇練みたいのに出て / また夜予備校に戻るみたいな日もあって // まあなかなか / 大変だったなあと / 思います ///

197 905.486-906.581 HIR: hhh {%act: cleaning of throat} ///

198 906.581-932.079 HIR: まあ合唱祭がやっぱり / なんか / ぎりぎりになるまでみんな頑張らない {%act: laugh} /

199 906.581-932.079 INT: hhh {%act: understand} ///

200 906.581-932.079 HIR: 感じがあったんだけど // うん / まあでも /うん / 二年の時よりは / みんな / そこそこさすがに最後だからね / やってて // 最終的に確か三年の時は / 銀賞かな↑ 銀賞を取った / んだと / 思う ///

201 932.079-976.051 HIR: ま劇は特に何も{%alt: なんも} 賞は / なかったんだけど // その時に / なんか劇 -> / がなぜか関西弁の役で /

202 932.079-976.051 INT: hhh {%act: laugh} ///

203 932.079-976.051 HIR: で / なんかそのイントネーション <とかを>

204 932.079-976.051 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

205 932.079-976.051 HIR: その関西出身だった / 別のクラスの / 友達の友達だったんだけど / なんか全部台詞ばあ {%act: onomatopoeia}って <聞いて>

206 932.079-976.051 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

207 932.079-976.051 HIR: 聞いて聞いてっていって練習してたら / なんか多分それが原因だと思うんだけど / なんか / 結構関西 -> っぽい {%act: laugh} イントネーション {%act: laugh} で喋ることが / ちょこちょこあって / なんか / 大学 <入って>

208 932.079-976.051 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

209 932.079-976.051 HIR: から {%act: laugh} “関西出身かと思った” って言われたことが数回 / ある ///

210 976.051-989.995 HIR: 留学先でもなんか日本人の / 友達に / “関西かと思った”って言われたけど / まあなんか / それもその時のが残っているんだろうなと // 思ってます ///

211 989.995-1033.025 HIR: で高校 / 受験勉強はそうかだから文転して -> / 世界史やら英語やらで / そうじゃあ外大 -> を / 目指そうみたいな感じになって / で自分はなんか英語 [/] 英語学科 // いいかなとか思ってたんだけ <ど> /

212 989.995-1033.025 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

213 989.995-1033.025 HIR: でも周りは大体英語だけじゃなくてもう一個なんかやれって / 言われたから じゃあ / しょうがないので英語じゃないなんかをやるか / って思って / とりあえず / じゃあどうしようかなあと思って / 国連公用語にしようって最初に思って / 英語↑フランス語スペイン語中国語アラビア語 / かな?

214 1033.025-1070.245 HIR: で / その {%alt: そん} 中でまあ何となくヨーロッパ言語がやりたいと思ったから / 中国語とアラビア語をカットするでしょちょっとアラビア語は興味あったんだけど {%act: laugh}/

215 1033.025-1070.245 INT: hhh {%act: understand} ///

216 1033.025-1070.245 HIR: カットして / フランス語かスペイン語になって / スペ語は / 南米でも話せるし // なんか / ええ発音が楽だという噂も <聞くし -> {%act: laugh}> /

217 1033.025-1070.245 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

218 1033.025-1070.245 HIR: っていう感じで / じゃあとりあえず / スペイン語にしようって思って / そうするとあの上智もイスパニアが /

219 1033.025-1070.245 INT: hhh {%act: understand} ///

220 1033.025-1070.245 HIR: あるし / なんか面白そうだなあと思ったから / じゃあとりあえずスペ科を [/] スペ科を [/] スペ語を?

221 1070.245-1159.834 HIR: やろう / と思 / ったのが = でもあれ何月なんだろう [///] まあそんなことを思いながら受験勉強をしてたんだけど / なんか / そのクラスの仲良しグループがまあみんな理系なんだけど / なぜかみんな見事に指定校推薦とか -> 推薦とか <で ->> /

222 1070.245-1159.834 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

223 1070.245-1159.834 HIR: 年内に / 決まっちゃってて {%act: laugh} <四人> [/]

224 1070.245-1159.834 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

225 1070.245-1159.834 HIR: 四人 / ま四人グループ / なんだけど / その三人が [///] 二人が指定校推薦と推薦で年内に決まっちゃって / もう一人も / 首都大の / なんか / 高校と連携してやっていた東京都未来塾とかいうのがあって / なんか受験じゃなくてそれはもう高三 / なった時から一年通して / 時々プレゼンをやったりとか / なんか通してやっ / てたんだけど / まあ{%alt: ま} それも推薦っていうかAOみたいな形で / <なん>

226 1070.245-1159.834 INT: [<] <hhh {%act: understand}> ///

227 1070.245-1159.834 HIR: かほとんど / 入れますよっていうシステムだったから / もうなんか / うん / 受験は終わっているような感じだったから // ああその -> うち / うん / その二人ぐらい確かセンターをなんか遊びで受けに来ていた {%act: laugh} <ような>

228 1070.245-1159.834 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

229 1070.245-1159.834 HIR: 感じだったから / うん結構 / 孤独なと言うか横目で / すごい羨ましそうに / 見ながら / だってもう &め [/] 車の免許とか取りに行ってたから /

230 1070.245-1159.834 INT: hhh {%act: understand} ///

231 1070.245-1159.834 HIR: いいなあとか / 思いつつ / 国立遅いなあ {%alt: おせえなあ} って思いながら / だって三月まで結局 /

232 1070.245-1159.834 INT: hhh {%act: understand} ///

233 1070.245-1159.834 HIR: 勉強 / してたから結構なんかあの時期は切なかったなあ ///

234 1159.834-1166.968 HIR: で二月の二十 -> 五か / 前期終わってもう前期の発表までは勉強はさすがにしなかったもう ///

235 1166.968-1167.957 INT: <hhh {%act: laugh}> ///

236 1166.968-1167.957 HIR: [<] <もう無理> !

237 1167.957-1168.624 HIR: と <思って> ///

238 1167.957-1168.624 INT: [<] <うん> ///

239 1168.624-1182.504 HIR: それで / まあ結局前期で受かったんだけど // hhh {%act: understand} / 無事 / スペ / 科に / 入学 / hhh {%act: laugh} / という / 感じかなあ ///

240 1182.504-1186.141 HIR: (約16秒分カット)

241 1182.504-1186.141 HIR: で/ あじゃ大学か ///

242 1186.141-1299.638 HIR: 大学入って / まそう大学入った時もまた部活 ->っていうかサークルっていうかどうしようかなあと / すごい思って / でもなんかソフテニ [///] 硬式はもうなんか やらなくて良いかなっていう感じがあって / かと言って // 部活でびしびしやるのも大学生は他にいろいろあるしなあ -> と思って / そのサークルが / ソフトテニスのサークルがあれば / サークルに入ろうと / 思いつつ // 探したらでもうちの大学はソフテニサークルが無くて -> / 部活しか / 無かっ / たんだけど / でもなんかその部活のあの活動内容を見たら / 普段は水曜土曜の週二だって言うから まじゃあ / それぐらいなら / 日常生活に負担をかけずに / できるかなと思ったから /ま見学に行ってみて // 他に -> 周ったかな / マックスもちょっと気になったから / まマックスも水曜土曜の週二あ [///] アルキメット / ディスク↑も水曜土曜の週二だったしちょっと面白そうだったから気になったんだけど -> / まあ今までやってきたからかどうかわかんないけど結局 / とりあえず / 部活はソフテニをやることに / hhh {%act: clearing of throat} / 決めた / んだけどなんか &ss [/] 初めて // 練習の見学にって言うか練習に参加した時に // なぜか -> その時に -> 先輩の時から [///] あ先輩から /“OBだと思った”って言われて {%act: laugh} / ちょっと / &ss -> / なんかねえ / さすがに / ショックだったと言うか何と言うか / まだその頃は十八だったのにOBだと思われるのはどういうことだろっていう / ちょっとそれは / いい思い出と言うか / 今でもまあネタにはしてるけど // ていうのは覚えてます ///

243 1299.638-1329.576 HIR: で / そうか / 大学生活 / でも一年の時はやっぱりスペイン語がすごい // 目新しかったというか新鮮だったからまあ楽しかったと / いうか / でもまあ大学生活自体がすごい新鮮だったからね / すごい気づいたら授業が {%act: laugh} 始まってるし / なんか終業式みたいなのが無いからあれもうああ休みかあみたいなのが / 結構びっくり / だったかなあ -> っていう ///

244 1329.576-1334.292 HIR: でも一年ん時はもうあんまり覚えてない ///

245 1334.292-1347.188 HIR: とりあえず最初の授業で / なんかやなぎ -> / そうだやなぎ -> の授業は最初っからなんか文を読まされたじゃないけど/ Cuando miro a mi Argentina {%com: Spanish}{%act: laugh}/ え Cuando?

246 1347.188-1355.943 HIR: Cuando miro a mi Argentinaか [///] のなんか題名の話だけで 一時間終わったのがすごい / 覚えてるかな ///

247 1355.943-1357.228 HIR: うん ///

248 1357.228-1372.65 HIR: だからでもなんネイティブの授業も最初っから / 一番最初だけそうか川上先生がなんかついてきて通訳してくれたけど後は / もう / ねえ / 完全ネイティブ授業だったからなかなか大変だったし ///

249 1372.65-1386.077 HIR: で &さい [///] うん / 文法の授業だけなんか基礎 [/] 基礎からじゃないけど日本語を介してやってた感じがあった {%act: laugh} から / なかなか / 大変 / だったかなあっと ///

250 1386.077-1409.177 HIR: ああそうか / 後 そう / 大学で授業を取る時に / そう教職をどうしようかっていう / 問題があって / まあ何だかんだでその一二年は / 主専が六単位あったり / 他にもなんかいろいろ授業があったりで教職取りたくないなあと / 思って -> / まあ親 -> と相談して -> / 教職取りたくない!

251 1409.177-1420.73 HIR: みたいなことを言ったんだけど // まあなんか最終的に / 説得されたわけじゃないけど親の無言のプレッシャーに負けて結局教職を取ることに / なりましたと ///

252 1420.73-1463.461 HIR: まほんと教職 / &ss -> [///] だからもう一年の授業を取る段階からできるだけ取れる教職科目は取んなきゃなあって言って / 日本国憲法とか / 情報科学基礎 / だったかななんかパソコンのやつとか / ジョリテ {%alt: 情報リテラシーの略}とは別にね / 取んなきゃいけなくて / とかなんかうわこれ面白そうなのにあれも教職取っとかないと後きついなあみたいのはあったけど / まあ / そんなこんなで / 一年の {%alt: ん} 時は / まあでも五十フルに入れて / でも二単位切ったから四十八とかだったけど -> / 二年の {%alt: ん} 時が大変だっ / たかな ///

253 1463.461-1496.7 HIR: 二年なると / あの教職科目が / 取れるようになって / 教職科目はでも卒業単位にならないから / 五十単位オーバーしても取れるっていうシステムだったから / すごいなんかあれこれあれこれ取って / 最終的に / 集中講義入れたら六十単位とかを多分 / 二年の時には取ったんじゃないかなあと // 今思うと / &だっ [///] うん / 月曜四コマ火曜四コマ水曜三コマ木曜四コマ金曜五コマとかだったから確か ///

254 1496.7-1508.83 HIR: そう金曜の一から五までフルたんフルコマってのはあれが後にも先にも初めてだったけど / 前期か後期どっちかだけだったと思うけども / なんか / きつかった ///

255 1508.83-1515.023 HIR: &な [/] 十分ってほとんど移動時間しか無いし {%act: laugh} / なんかほとんど休む暇も無く ///

256 1515.023-1533.087 HIR: もうなんか単位さえ取ればみたいな感じだったから / 結構取れやすそうな授業しか取ってなかったりして / まあなんか &あん [/] あんまり自分の / 興味で / 授業が取れなかっ / たかなあっていうのが / 残念 / hhh {%act: cleaning of throat} / です ///

257 1533.087-1553.21 HIR: でも / = 何だろ [///] でもその分三年になってすごい楽に {%act: laugh} / なって / だから /[///] 週じゃないや / 一日二コマとかだと / っていうか空きコマがあると / あれなんかこんな時間余っちゃって良いのかなみたいな / 戸惑いが / あったりも / したかな ////

258 1553.21-1567.095 HIR: でもなんか二年の {%alt: ん} / 時はでもとりあえず一番 / 多分忙しかったなんか主専も一年から一年に比べたらすごい忙しくなったし / あの高橋先生のディクテーションとかは / &ほん [/] なんか毎週末 / 大変だったし ///

259 1567.095-1568.403 HIR: hhh {%act: sniff} ///

260 1568.403-1628.917 HIR: でその教職とかまあ専修専門とかいろいろ取ってると / やっぱ / レポートやらテストやらもあったから / 大変で / でそう後 / あの言語情報総合文化 / 地域国際で / 二年なった段階では地域国際 -> 進もうと思ってたんだけど / そん {%alt: ほん} 時先輩に / 一応なんか三コース全部進めるようにした方がいいよって言われて / 言語情報の専修基礎をじゃあ一応取るかと思って // 取って // うんまああくまで一応取ってたんだけど / その 結局二年後半なって {%act: laugh} ゼミを決める時に / 地域国際の説明会に行ったらなんかあんまり興味の湧く / 内容じゃなかっ / たから [///] &な [/] 無くて / むしろ言語情報が面白そうだなっていう / hhh {%act: sniff} / ここで自分の興味のなんか変化があって / あなんか先輩の言う通り専修基礎取っといて良かった -> と / そこで思ったかなっていう ///

261 1628.917-1638.327 HIR: xxx {%alt: だから} 結構後輩にもそういうこと言ってるんだけどなんかあんまり / みんな / 取らないね / 今の一二年は / 何でか分かんないけど ///

262 1638.327-1679.212 HIR: うんなんか / 取っといた方が / 良いと思うんだけどな // っていう感じでまあそれで言語情報 // 急な方向転換をして / 進むことになって / まその専修基礎も / &しけ [/] 一発試験の科目だったけど無事取れたし / でもなんかそのせいで / 二年の時に取っていた専修専門八単位が / あの自由科目になっちゃって / まあ {%alt: ま}自由科目は教職でなんかたくさん取るから別にいらなかったんだけど / 専修専門がゼロからのスタート / っていう三年がなかなか / ちょっと大変だったかなと ///

263 1679.212-1680.937 HIR: うん ///

264 1680.937-1697.681 HIR: でもまあ三年は / 大分やっぱ主専が無くなったのが / 結構楽で / スケジュールに / 余裕が出たから / まあ部活 -> の方に結構力を入れられたかなという感じ / かな ///

265 1697.681-1757.276 HIR: 三年生はあの幹部学年で / 主将とかxxxとか / やる代だったから [///] でそうだ二年 -> から三年になる時に / あのう部の唯一の男の同期だったSしま君が {%act: laugh} / <hhh {%act: laugh}>

266 1697.681-1757.276 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

267 1697.681-1757.276 HIR: あの留年しちゃったから {%act: laugh} / ちょっと部を離れ / たのでその幹部学年が俺だけだったからもう完全に主将をやらなきゃいけなかったんだけど / まあ {%alt: ま}三年の後期から留学を / するよっていう [///] したいよっていう話をしたら / その途中で 主将が変わっちゃうのは良くないから // って言われて / その一個下 // 二年の段階でか / 主将を任せることになっちゃって / まあ {%alt: ま}自分は副将をとりあえず半年 / っていう 形 / だった ////

268 1757.276-1778.482 HIR: まあ今思うとやっぱ大変だっただろうなあと思うけど / xxx {%alt: で} 一年生が終わったらもう主将をやれって結構 / きつい {%alt: きっつい} ことをさせたかなって思うけどまあ / うん / そんなことは幹部交代の時とかにも話したけど // いやあちょっと申し訳ないかなと / 思うけど留学はまあ行きたかったからまあしょうがないと ///

269 1778.482-1786.962 HIR: xxx {%alt: たら} もう三年 [///] でもまあ留学前の大学生活ってあ -> んまりそんなに記憶にない気が {%act: laugh} / する ///

270 1786.962-1794.014 HIR: 特に三年前期とか何やってたかあんまり覚えてないなあっていう / 気がするんですけども ///

271 1794.014-1882.906 HIR: で / そうか / その後 / 三年の / 十月 / から / 留学に / 行って = でもそうだ [///] 留学に行ってる / 期間に [///]っていうかそう / 帰ってきたら次の年に教育実習に行かなきゃ / いけなかったんだけど / で教育実習ってのがその一年前に / その -> 実習校に / 申し込んで書類を出したりしなくちゃいけなくて / でもそうすると / あの留学をしてると / その申し込みの時期に / 日本にいないから / 教育実習どうすんだろうってのがあってまあそれを実習校にいろいろ聞いたりして / “彼是こういうわけでその申し込みの時期に / 日本にいないんですけどどうすればいいんですかねえ”って言ったら / なんか書類をまあ前もって出しといて / その申し込みの時期に / 電話してくれたらそれで申し込みっていう形にするからって言われて / まあ {%alt: ま} なんかそこでだめって言われたら / そのそこで教職を <諦める {%act: laugh}> /

272 1794.014-1882.906 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

273 1794.014-1882.906 HIR: なんか理由の一つになったからちょっと / できれば無理って言ってほしかった / 面もちょっとあったんだけど {%act: laugh} // まあ / うん / 結局それで大丈夫ということで / 留学前にいろいろと / 手続きを済ませて / ま留学行って / 向こうから / 実習校に電話をするという / うん / なかなか ///

274 1882.906-1913.554 HIR: でなんかなんかその時の電話でなんか自分ですごい面白かったのが / 向こうでほとんど / 日本語使わなかったり / あるいは使ったとしてもなんか同年代の / 友達とかしかいないからもう敬語を全然使ってないから数ヶ月単位で敬語を使ってなくて / なんか / すごい電話でしゃべっているの [///] しゃべっている敬語にすごい違和感を感じたのが / なんか / 面白かったと言うか {%act: laugh} 何と言うか / すごい記憶に残っているかなあと ///

275 1913.554-1950.143 HIR: ま留 -> 学は / そう / なんか / 思ったより / 最初はほんとにスペイン人が周りにいなくて {%act: laugh} / 学校は日米中ぐらいしかいなかったし -> // そうだねえ / で語学学校だから完全に大学と切り離された場所だったから / その辺にスペイン人学生が歩いているわけでもなく -> //あなんかうん最初はあんまり / スペイン人とは触れ合わなかったかな?

276 1950.143-1955.403 HIR: でもまあなんかその分中国人とか韓国人とか / とは仲良くなったけど ///

277 1955.403-1957.593 HIR: うん ///

278 1957.593-1983.209 HIR: でそうだな / 留学して -> / まあなんか最初に / びっくりしたというかあれなのは / お酒が安い {%act: laugh} っていうことと /

279 1957.593-1983.209 INT: hhh {%act: laugh} ///

280 1957.593-1983.209 HIR: 昼間っから飲んでるっていうことに / なんか昼ご飯のお伴にビールは普通 -> な / 感じだったから / まあおかげさまで大分ビールは普通に飲むようになったんだけど / 留学して {%act: laugh} ///

281 1983.209-1998.223 HIR: でもだって水とか他のジュースと / ほとんど値段が同じだったり安かったりするぐらいだから / じゃあせっかくだから飲もうみたいな感じで / すごいなんか / 留学を挟んでお酒を飲むようになったかなあとは / 思ったかな ///

282 1998.223-1999.046 HIR: うん ///

283 1999.046-2013.337 HIR: でもそうだああの/ tarjeta de estudiante {%com: Spanish}/ <手続きが>

284 1999.046-2013.337 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

285 1999.046-2013.337 HIR: やっぱ一番面倒だったっていうか一番すごい大変だった / &ss / 記憶が / ある / かな ///

286 2013.337-2197.267 HIR: なんかあのう / 向こうの警察署かなんかで予約取って -> それで &てつ [/] 手続きに行かなきゃいけなかったけど // 何だっけアルカラの / 警察署に朝から並んで七時前だったと思うけど / それで並んで / 予約取ったら / 次の年の五月一日だって言われて / 五月一日って五月三十日に &だいが [/] 大学っていうか語学学校の授業終わるんだよとか思って / それだといくら何でも遅いなあ {%alt: おっそいなあ} と思っ / てでもなんか友達曰く / マドリードの方だと / もっと早く予約が取れるって言われて / で -> その番号を教わ / って / まあなんかでも番号それ / かけても簡単につながらない / 感じですごい友達が何回も何回も何回もかけてつながってっていう感じだったんだけど / まあじゃあ一応なんかマドリードでも予約を取ってみようと思って / 電話 / して / まあ本当になんかなかなかつながらなかったんだけど / でつながって / 予約を取って / その時に -> あの -> 名前の確認を向こうの人があまりちゃんとしてくれなくて -> そのスペル -> までは -> / 聞かれなかったんだけど / まあそれが後でちょっと / 失敗の元になっちゃうんです {%alt: だす} けども -> = って何だっけ [///] そう // 二時 / なんか / 一月二日か三日の二時っていうふうに自分の手帳にぴゃーって書いて [///] たんだけど // でなんか直前になって / でもこれあれ↑ 二時だったかな十二時だったかな [///] dos {%com: Spanish} だったかな doce {%com: Spanish} だったかなと思って / すごい心配になって / いやじゃあとりあえず十二時に着くように行けばいいやと思ってたんだけど / なんかその年末年始 / ラウラのうち {%alt: んち} に行ってて / でよくその / 手続きしに行く日にラウラのうち {%alt: んち} を出たから / そこから {%alt: そっから} 直接じゃあ警察署へ行くって感じだったんだけどその {%alt: そん} 時なんか renfe {%com: Spanish} が遅れて / 十二時過ぎ / たのかな↑ その -> / 警察署着いたのが /// あじゃもう十二時だったら無理だろうから / なんかコピーとかまだしてないし二時に / 行こうと思って / 二時に行ったら / 名前無いって言われて // うんと / どうしたんだっけ / “いやあでもちゃんと予約取ったはずなんだけど 日本人で”って言って / “いやでも無い”って言われて / でもなんか &ちょっ [///] 名簿ぴろぴろってめくると / 十二時四十分とかのところに / あのう / 違うんだけど / 似たような名前があって /

287 2013.337-2197.267 INT: hhh {%act: laugh} ///

288 2013.337-2197.267 HIR: あのそれ多分電話でスペルを確認してないから / 絶対こっちの人の名前を多分 / ちゃんと / 聞き取れてなかったんだなあっていうのがあって / “多分これだと思うんだけど”って言って / “いやでもだめだめだめ” って言われて / で結局その日は / あの予約取り直せって言われて / 予約を取り直す羽目に / なって / しまいました ///

289 2197.267-2226.715 HIR: うんまあなんか自分の不手際 {%act: laugh} / ではあるんだけど / だからその次の日に / 今度はマドリード / 朝早く朝五時とかに多分家を出て / hhh {%act: sniff} / その予約を取るために / 並んだ [///] 並んでそうしかも雨の中 / 並んで / ちゃんと / うん予約取って / 後日手続きをしたなあっていうのが / なんかそれがでも留学で一番 / 大変 {%act: laugh} / だったかなあって ///

290 2226.715-2227.813 HIR: うん ///

291 2227.813-2234.077 HIR: でもなんかいろいろとスペイン内を旅したのは楽しかったかな ///

292 2234.077-2244.374 HIR: それとなんかすごい / うん向こうの人はお店の人とかもそうだけどなんかすごい話しやすいから -> / なんか / 旅してるのが / 楽しかった ///

293 2244.374-2251.801 HIR: xxx {%alt: あん} なんか日本 -> は / いらっしゃいませありがとうございましただけど // 向こうは挨拶じゃんみたいな ///

294 2251.801-2266.456 HIR: hola {%com: Spanish} と hasta luego {%com: Spanish} で全部済んじゃうから / なんか全体的にフレンドリーな感じがして / うん / であのおばちゃんなんかとなんか微妙に話したりすると / なんかそういうのが楽しかったかなあって / 思うかな ///

295 2266.456-2290.956 HIR: うん / そうね / そんなこんなで / まあ最後には / ヨーロッパも周ってきたし / イタリア / ん↑&ドイ [///] うーん / 待って / スペイン出て / イタリア / チェコ / ポーランド ドイツ / ロンドン // イギリス / フランスか ///

296 2290.956-2299.691 HIR: そんな感じで / うん / まあせっかくヨーロッパいるのでっていう感じで / 周ったのは楽しかったかな ///

297 2299.691-2308.242 HIR: もうだってヨーロッパ / きっと / 行けな [///] そう簡単には行けないだろうからなあと ///

298 2308.242-2314.045 HIR: うん / すごい / hhh {%act: clearing of throat} / それは / いい思い出 / です [///] いい思い出でした ///

299 2314.045-2315.047 HIR: hhh {%act: laugh} ///

300 2315.047-2316.15 HIR: うん ///

301 2316.15-2333.923 HIR: で / そ -> う -> だなあ -> 留学留学 {%alt: りゅ //// りゅ /// く} = 他に何したんだったかなあ留学生活中 [///] なんか勉強 [///] まあ勉強もそこそこしたけど / うん / 後半はでも結構遊んでたかなあ ///

302 2333.923-2349.699 HIR: 午前中のクラスだったから / 勉強して -> / 帰ってきてお昼食べて -> 昼寝して -> / 宿題があったら宿題やってまあなんか夜からは遊びに行くみたいな ///

303 2349.699-2356.838 HIR: バルで / 飲んだり / っていう感じだったからすごい / なんか / 気楽な生活だったなあ ///

304 2356.838-2358.391 HIR: うん ///

305 2358.391-2377.69 HIR: なんかやっぱ日本にいるほど / 急がなくて / いいから /[/] 何がって言われると分からないけどなんか全体的に {%act: laugh} / なんか / うん / せこせこしない生活だったから / すごい楽しかったなあと // うん / すごい思う / かな ///

306 2377.69-2534.954 HIR: でだからその分そう帰ってから就活しなきゃなあっていう話が / あって / xxx {%alt: だから} 日本人の / 友達と / なんか / そう帰ったら就活しなきゃいけないよねえみたいな話を時々してたけど // うん / それが若干憂鬱な / ところで / まあでそれで帰ってきたのが / ん↑七月の / 後半↑とかで / まあでも帰ってからしばらくはゆっくりしたいと思っ / てたら / まあ夏休みが終わっちゃったんだけど / でそっから / じゃあ就活を / しようと思ったら / あれか / リーマン {%com: referring to Lehman Brothers}/ ああなっちゃったからなんか世界が / 不況みたいな感じになって / でなんかその {%alt: そん} 時になって初めて / 民間じゃなくてその公務員 // ちょっと視野に / 入ってきて / まあなんか親も / 公務員がいいんじゃないかじゃないけどなんか / 公務員が向いてる / みたいなことを言われて / うん公務員ねえどうしようかなあとか思いながら / まあなんか予備校のパンフレットを集めたり -> / 予備校に実際 / 話を聞きに行ったりして / まあ平行して一応リクナビとか就活サイトには登録はして / どうしようかなあってすごい思 <ったけど ->> /

307 2377.69-2534.954 INT: [<] <hhh {%act: cough}> ///

308 2377.69-2534.954 HIR: まあなんか / うん最終的に //

309 2377.69-2534.954 INT: hhh {%act: cough} ///

310 2377.69-2534.954 HIR: 民間じゃなくて / 結局公務員試験を / 目指すことに / &なっ [/] した [/] した [///] なったじゃなくてしたか [///] してだから十一月ぐらいから予備校に通い始めて // うん &だ [/] で試験が五月とかだったから大体半年ぐらいしか時間が無くって / なんか一般的には / 大学三年になった時ぐらいから始める/ もの / らし / いので / すごい / なんか / 焦りが / あったから -> / もうなんか外語祭期間中も / 微妙に授業があったし / 年末 / はほとんど一週間に五日とか六日 / その公務員予備校に / 通って / 授業だけじゃないけど / 授業 / を受けて / あとまあ空いてる時間も自習してっていう感じで / まあなんか大学受験の再来みたいな生活を / 送って / たかな ///

311 2534.954-2536.279 HIR: うん ///

312 2536.279-2576.955 HIR: なんかでも十一月生っていうふうに入ると / そんなにほんとはスケジュールが厳しくなくて / 週三週四とかなんだけど / でもその / 予備校の / 人に相談したら / やっぱ早めにやんないとまずいからって言って / その / 個別DVD↑hhh {%act: laugh} / みたいな方法があって / そうするとその / 校舎で授業をやっていなくても / 自分の好きな時に予約すれば授業が受けられるようになってたから / それ使って結局 / 一日二 {%alt: ふた} コマ / 週五で / とかでやっ // たんだな十二月の後半は ///

313 2576.955-2610.982 HIR: まあそんな感じ -> で年が明けて / まあ年が明けてからも結局 / まみんなが就活やっている代わりに / 勉強をしてたから // うん基本的には朝から夜まで / 予備校に / 通いと言うか / 缶詰状態で / うん / で三月 [/] 三月 -> が一番なんか覚えているけど春休みはもう毎日毎日 / 予備校予備校予備校予備校で // なかなかうん / あの時期は / やっぱ大変だったかなあと ///

314 2610.982-2616.248 HIR: うん / 受験生 [/] 受験生活を 思い出し ////

315 2616.248-2630.463 HIR: うん / ってか実際受験 -> よりも / なんか / やらなきゃいけないことが多かったから / きつかったかも / しれない / なあと / 今考えると / 思うかな ///

316 2630.463-2683.346 HIR: でそう / そうすると [///] で公務員試験が / ま一番最初にまずあるのが五月 / でまあそこから {%alt: そっから} 面接とか入れると結局決まるのが八月とか // 早くとも八月とかになると / まあ当然周りの民間やってる人たちは / もっと早く / 決まる / わけで // まあまたなんか大学受験の時みたいに {%act: laugh} / 周りの人間はすごい決まっている中自分はまだ / 勉強しなきゃいけない {%act: laugh} みたいな / 時期があっ // だ七月とかはそうそんな感じでみんな / hhh {%act: sniff} / 決まってるけど / 自分は / 勉強やら面接の準備やらっていうのを / やってて / うん {%com: noise} / なんかやっぱ / 羨ましかったなああの周りがって ///

317 2683.346-2705.977 HIR: でも = 何だろ [///] そうだなあああでも面接 -> が [///] 筆記は普通に通って / 面接 -> / が何回かあったんだけど / やっぱ大学で / 部活やってたり留学したりするとすごい話題に / なったかなと ///

318 2705.977-2723.663 HIR: てか大体 / うん / なんか自己PRとか / きつかったこととか / 達成したこととかは全部まあ部活か留学で済んだから / まあなんかどっちもやって / 良かったなあっていう / 感じは / するかな ///

319 2723.663-2730.472 HIR: あとやっぱ部活も留学もすごい食いつきが / いいしね / 向こうの人の反応が ///

320 2730.472-2735.41 HIR: やっぱそれは / うん / 良かった良かったっていう / 感じだけど ///

321 2735.41-2743.183 HIR: でも一回 / 面接で {%act: laugh}/ <スペイン語>

322 2735.41-2743.183 INT: [<] <hhh {%act: sniff}> ///

323 2735.41-2743.183 HIR: 喋れって言われた時は困ったけど {%act: laugh} ///

324 2743.183-2744.758 HIR: &なん [/] 何だっけなあ ///

325 2744.758-2762.459 HIR: “じゃああなたがどんな公務員になりたいかをちょっとスペイン語で喋ってみてください”って言われて {%act: laugh} / まあ / どうせ分かんないんだろうなって思ったからちょっと文法は -> 間違ってもいいやと思ってだーって話したけど // うん多分分かってなかったと <思う>

326 2744.758-2762.459 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

327 2744.758-2762.459 HIR: んだよね ///

328 2762.459-2765.395 HIR: うん分かってなかったと信じてますが / hhh {%act: laugh} ///

329 2765.395-2766.499 HIR: うん ///

330 2766.499-2782.698 HIR: て / でもなんかそう / 考えると // 面接 / でも民間ほどなんか聞いてるとやっぱきつくはなかったのかなっていう感じがしなくはないかなあ ///

331 2782.698-2796.302 HIR: 面接少ないし / なんか / 友達によってはほんとなんか毎日のようにセミナー入ってる人いたし / いやあなかなか大変だなあとか思いながら / hhh {%act: sniff} / 見てたけど ///

332 2796.302-2806.001 HIR: と / そう / そういうなんか / 試験に / かぶって教育実習があったのが大変だった {%act: laugh} / なんだかんだで ///

333 2806.001-2812.505 HIR: 五月の後半から六月の -> 真ん中辺ぐらいまで / 三週間 ////

334 2812.505-2827.509 HIR: ちょうどまあ試験とはかぶってなかったんだけど / ちょうど試験と試験の間で // うん / 来ちゃったから / まあもともと勉強はできないだろうなあと思ってたけど -> / まあほんとに勉強はできなかった ///

335 2827.509-2832.818 HIR: なんか教育実-> 習は / うん / 大変だった ///

336 2832.818-2834.414 HIR: <hhh {%act: laugh}> ///

337 2832.818-2834.414 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

338 2834.414-2859.774 HIR: &な [/] なんだかんだで朝 / 八時 -> 十分↑十五分までに職員室行って / 出席簿に印鑑押さなきゃいけなかったから / 朝七時とかに家を出る -> 毎日{%alt: ま -> い -> に -> ち -> } が三週間続いたから -> // うん / なんか / 久しぶりにすごい / 規則正しい生活だった気がする ///

339 2859.774-2923.485 HIR: とあと最初は先生の授業を見てるだけで -> / その後はなんか中間テスト挟んで / ま中間テストの間 / 何もしなかっ [///] たじゃないや時間があったから授業準備とかできたんだけど // なんか中間テストの後からはもう / xxx授業やってねっていう感じで // うん / まあ &ss [/] しかも外大では / なんかオーラルコミュニケーション↑なんか一番最初導入部分をできるだけ英語で / やり取りしつつやってねえ / みたいなことを言ってたから / まそれを頑張ってやらないとなあっていうのもあってすごい授業準備に手間取って / まあなんか自分が何喋るかも / 考えなきゃいけないし -> // 教科書の内容を / できるだけ簡単にしたようなのを / 授業始める前に聞かせるっていうか喋るみたいなのだったから / まなんか毎回 / 大変 / うん大変だった ///

340 2923.485-2935.264 HIR: ってか毎回思ったところで授業が終わらないと / その準備してた / 導入部分が少し変わってくるのが面倒くさかった -> かなと ///

341 2935.264-2953.667 HIR: でもまあ / やっぱ / 先生は大体英語をそんなに / 高校の先生使わないから / その英語で授業を始めた瞬間 / &せん [/] 生徒の反応が / おおーみたいな感じだったのが / まあなんか / ふんどうだみたいな / <hhh {%act: laugh}>

342 2935.264-2953.667 INT: [<] <hhh {%act: laugh}> ///

343 2935.264-2953.667 HIR: 感じはあったかなっていう ///

344 2953.667-2961.941 HIR: でもまあなんか / 教壇に立つと思うけど -> / 授業をやるって大変だなっていうすごい思った ///

345 2961.941-3000.419 HIR: うん五十分 / うん五十分授業だったけど / 五十分なんだかんだで / ほとんど自分が喋んなきゃいけないわけで / hhh {%act: sniff} / そう &かん[/] 考えるとっていうかと実際にやるともう / なんか生徒の前に立つから / 緊張して / いろいろ / hhh {%act: sniff} / 喋んなきゃいけないこと頭の {%alt: ん} 中から飛ぶし // なんか沈黙が流れるとでも気まずいから沈黙はだめだってもう前々から大学で教わってたから -> まずいまずいとか思いながら / でできるだけ -> 授業案は見ないようにやってねとも言われてたけど -> まあ / 見ないのはなかなか無理だった ///

346 3000.419-3001.603 HIR: うん ///

347 3001.603-3041.435 HIR: からなんかやっぱ自分でやるとすごい / hhh {%act: sniff} / 自分が高校の時につまんないなあって思ってた先生の授業も / ああ結構先生すごかったんですねえみたいなのが / 分かって / やっぱなんか / なんか接客のアルバイトをやると / なんか優しくなれるじゃないけど {%act: laugh} // なんか / そうアルバイ / トしててもそうだったけど / なんか店員側になる {%alt: noise} // 店員の気持ちがなんとなく分かるから / 店員に優しくなれて {%alt: noise} / なんか / 教育実習 {%act: laugh} / やったら / ああ先生 / すごいんですねみたいな / すごい / 思った / かなあ ///

348 3041.435-3048.624 HIR: なんかそれ / がなんかすごい知れただけでも / ちょっと教育実習は / 収穫だったと / 思ってます ///

349 3048.624-3049.151 HIR: うん ///

350 3049.151-3053.449 HIR: で最後 / なんか / ちゃんと / 色紙 -> は / 貰えたし ///

351 3053.449-3071.052 HIR: なんかあんまり貰えないかなあとかちょっと思ってたんだけど {%act: laugh} / 何だかんだで貰えたので / うん / そう / 教育実習は &た [/] たのし [/] 楽しかったじゃないけどまあ行って / 損は無かったかなと / うん / 思った ///

352 3071.052-3079.33 HIR: でもそう時期が / あの &こう [/] 公務員試験とほんとにかぶったのが / ちょっと / 大変だったかなあ ///

353 3079.33-3100.54 HIR: その授業準備とかで寝るのが遅い時もあったし -> / うん / 平日はだからあんまり / 三時間とか四時間とかしか寝てない -> 感じが / hhh {%act: sniff} / 続いて / うん // なかなか体力的にも精神的にも / きつかった / かな ///

354 3100.54-3101.896 HIR: うん ///

355 3101.896-3133.882 HIR: ああでもそう高校生 / 相手にも / なんか / いろいろ / 先輩として / xxx出身校に行ったからOBとして / その進路相談とか / 大学生活に <ついて>

356 3101.896-3133.882 INT: [<] <hhh {%act: sniff}> ///

357 3101.896-3133.882 HIR: とかもなんか / 十五分ぐらいでだったけど話したけど / そん時 -> / はやっぱりなんか留学の {%act: laugh} / 話は / すごい / 食いつきが良くて / なんか / “外大行きたいんですけど” っていう / 後輩がいたりしたので -> なんか / うん / 是非 / 頑張ってほしいかなと ///

358 3133.882-3137.039 HIR: まちなみにその子はなんか外語祭来たんだけどね ///

359 3137.039-3150.714 HIR: うん / そう / 今年 &ドイ [/] ドイ科を受けるって行ってたから / あもセンター / 終わっ / てないかまだか / まあ / 頑張ってほしいなと / 思うなと ///